スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ最近。

今日の沖縄は25度。久々の夏日でした。ビールが美味い。

実は最近、仕事の量が以前の量に戻ってしまいまして(平日12時間)、忙しさが再来しております。

初めはあれやこれや全部こなそうとして睡眠不足に悩まされる日々、まさに忙殺でしたが、もう1年以上こんな生活続けていると、むしろ時間的に精神的にもゆとりが生まれてくるというか、あえて良い言い方をすれば器がデカクなった気がします←

余裕が出るというんですかね。
寝ない生活が当たり前になってる今、恐らく一般の平均の方より1日あたり3~4時間多い生活を俺は送っているわけでして、その分を仕事に費やしてしまっているのは何とも勿体ない話。

もし仕事を辞めたら時間余ってしょうがない気がする。その分スペイン語やるけど(笑)

ま、限られた時間をどう上手く使って英語(とスペイン語)を消化していくのかが、最大の課題でありまして、今後もそうなんだろうな~って感じです。








自分の周りにも英語を勉強してる人は結構います。

当たり前ながらガチでやってるのはやっぱりいないな~って感じですね。そりゃそうであるが。

それでも最近嬉しいな~と思ったのは、俺の悪影響で全く英語に興味を持っていなかった人が勉強し始めてる事(笑)

結構、沖縄在住の米軍関係に友人が多くてですね、俺主宰で飲み会なんか企画した時なんかは呼んだりしてるんですがその際、自分と向こうのやり取りを見ててやってみたくなったらしいです。


「何から勉強したら良いか分からない」とか「スピード〇ーニングはどうか?」といった質問をかなりよく受けますが、何でしょうね、日本人の英語学習の基本理念に【独学は無理】みたいなのが絶対あるような気がしてしょうがない(まあこのブログ見てる人はそうでないでしょうが)。

【留学しないと無理】とかは絶対ある(笑)


多分ですね、外国語学習って社会に出て独学で0からやるにしては相当リスキーですね。
世間が考えているより相当時間いるもん(笑)

趣味とか好きでやる分には最高にもってこいなんでしょうけど、そうで無い場合は苦痛でしか無いな。

俺も洋楽、洋画とかで見るような向こうへの文化的な憧れが無かったらやってないだろうし、それが無いにしても英語自体好きでないと続かないでしょうね。

単に喋れるようになっている自分を夢見て、それに行き着くまでの労力をショートカットしたいが為に、変な英会話教材に手を出してしまう。ほんと良い商売してます(笑)


そういった意味では英語に興味を持ってくれた彼らに、正しいガイダンスが出来ればと思ってます。










そうそう話が一気に変わりますが、今年の那覇マラソンに参加する事に(笑

という事でいつも休日の夜に走ってるんですが、距離を伸ばして走ってます。

あ、あと実はボランティアで定期的にビーチクリーンにも参加してます(爆

今年は英語・スペイン語・仕事・マラソン・ビーチクリーンと大忙しですね。

ではまた。

最近の取り組み

あまりにも多忙で1度ストップしていたスペイン語ですが仕事量が減ったのもあり、3ヶ月くらい前からまたやり始めてます。

今、主に取り組んでいるのは主に以下の3冊。




パーフェクトフレーズ スペイン語日常会話 (CD BOOK パーフェクトフレーズ)パーフェクトフレーズ スペイン語日常会話 (CD BOOK パーフェクトフレーズ)
(2010/08/24)
ホアン・カルロス カシリマス・ロハス、渡辺 克義 他

商品詳細を見る


今すぐ覚える音読スペイン語 (東進ブックス)今すぐ覚える音読スペイン語 (東進ブックス)
(2003/09)
久保 まり、トキコ H.ボロンド 他

商品詳細を見る


文法から学べるスペイン語文法から学べるスペイン語
(2006/05)
井戸 光子、石村 あつ 他

商品詳細を見る





一番最後の文法の~は初期から使っているものでもう何周もしてるんですけど、凄い良書ですね。

必須な文法次項を抑えながら適度な分量に触れる、これほど効率良い本無いです。
レベル別シリーズとかでもっと出してくんないかな~と思う。

実際、英語もあるので仕事がある日なんかは上記に上げた本全てに手を付けてるわけではないんですが、暇を見つけてはやってる感じかな(とは言っても平日平均3時間程度しか寝れない状態は以前変わらんわけですが。。)。

ま、こっちは完全に遊びのつもりだったんですが、

やるからにはしっかり身に付けたいよね!って事で結構本気でやってます(笑

今年11月にDELEというスペイン語の試験があるので、それを受けます。






で、英語ですが、5月にTOEICを受けます。他にあと2回くらい今年受けると思います。

しばらく英検だけに絞ろうと思ってたんですが、仕事の都合でそうも言ってられなくなってきたもんで、受ける事にしました。

今やってるのがこの本↓

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブルはじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
(2009/10/06)
長本 吉斉

商品詳細を見る


アマゾンですこぶる大絶賛の本だったのでレビューを信じて買っちまいました。

とは言っても休日にしかやってないので、取り組みペースは遅いんですが、このテスト自体が久々なので凄く新鮮ですね。



英語の勉強は基本的に普段の生活で学習時間を確保するのが難しく、あまり取れないのでありますが、限られた時間で毎日やってるものとしては

1:英字新聞(ほぼWEB記事)
2:実践ビジネス英語
3:語彙(英字新聞で拾ったのが中心)
4:Japan Times News Digest
5:Podcast
6:その他関連書籍


みたいな感じで休日はプラスでTOEIC教本、英検対策、英語で日記なんか書いたのをネイティブに見せたり、ソーシャルネットワークなんかで友人なんかと共有しあったりしてます。

まあ、何でしょうね、英語で生活が回ってると言われればある意味、中毒性があるんでしょうけど、まさにその通りですねとしか言い様がありませぬ(笑

何分、仕事をいくつかやりつつ、飲み会等の付き合いも含め、スペイン語をこなしながらという生活なもので、寝る時間はあまり無いんでありますが若いからまっ、いっかという事でやってます。


この調子で続けて、今年は有る程度の成果を残していけたらいいと思います。

さあどうなるかな。

















*余談ですが、先日スーパーでビールを買おうとしたらレジのオバちゃんに

「身分証見せてもらえますか?」て言われました。

もう28になりますが、まだ10代に見られる事もあるんだな~なんてちょっと嬉しかったです(爆

英検1級 受験後感想

今日は英検でした。

感想は......ダメですね(笑
ウェブで結果を確認するまでも無く不合格だと思いますorz

語彙問題に関しては安定して20点以上は取れてると思いますが、長文がやたら難しかったのが2題あったのと(俺だけかもしれんですけど)、その予想外の難しさにてモチベーションが一気にダウンし、エッセイも考えがまとまらないとメチャクチャ、リスニングはほぼ聞いてなかったという落ちがあります(爆

今回の失敗要因をあえて言うならば「テスト対策不足」というのがあると思いますね。

まあ、確かに1級ともなれば問題集だけ解いてれば受かるような代物でないのは明らかですけど、基礎学習(ビジ英、CNN、英字新聞とか)ばっかりでも、テストに受かる為の要領を分かっていないと、やっぱり受かるのは難しい気がする。
捨て問かどうかの見極めも出来ないで、取れる点を落とすような事はしたくないですからねえ。

初めて1級を受験してから、もうかれこれ2年半経ち、その間、1日たりとも英語を勉強しなかった日はありませんでしたし(1日4時間を下回った事無し)、まして英語力が落ちてるなんて事は絶対に有り得ないので、考えられるとすれば、ほぼ試験慣れ不足、テスト形式の熟知が足りていない、ように思う。


もともと英語が出来てテキパキ処理出来る人なら良いんですけど、そうじゃないなら素直にテスト対策しないとダメ、絶対受からん。これ本当。

もちろん、英語そのものの勉強はまだまだやらないといけないと思いますけどね。。



次回は6月受験です。

受ける度に教訓を得るな~しかし凹むorz

新年のご挨拶

明けましておめでとう御座います。

今年も多分お世話にならないと思いますので見守っていてください(オイ


私事ですが、新年早々、重度の風邪を引いてしまいまして正月休みは寝込んでました。

明日より仕事初めという事もあり、まだ病み上がりも脱し切れていない部分がありますが、仕事共々英語も頑張りたいと思います。

ではお休み(早 

最近の取り組み

周りではやれクリスマスパーティーだ、やれ合コンだ、大忙しのようです。

俺はそんなもんは放っといて英語をやることにしたのです(というか金欠でヤバイw)




1月に英検があるな、というのは分かってますが、だから今更どうしろって話ですね。
直前で焦って緊急対策みたいな事やっても短期集中合格というのは英検の場合、あまり望めないのは何度か落ちてる人間なら気付くはず。

受験戦争みたいなセカセカしたものより、のーんびりした年期英語というのが必要だなと思うんですね。
だから、1級の場合は先が見えんだ(笑)




で、最近新しい勉強を取り入れたいと思い、友人のネイティブに自分の書いた英文をチェックしてもらってます。


おちゃらけ半分、まともな英文が書けてるとは言いがたいのではありますが、俺が一番知りたいのは

俺って可笑しな英語書いて無い?

てとこですな(そりゃ常におかしい英語は書いてる可能性はあるが笑)


よく会って酒を飲む中なもんでメールのやり取りは頻繁にあるんですが、英検で問われるようないわゆるEssayという奴を日頃書くには乏しいので何とかせねばと思ったのです。



そこで表現の参考にして本が定番のこれ

英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング
(2004/02)
植田 一三、妻鳥 千鶴子 他

商品詳細を見る


モデルスピーチの例文が多く、参考になりますな。

あ~こういう始め方とか良いね~とか色々発見があります。




あとはこれ

The Japan Times NEWS DIGEST 2012.11 Vol.39 (CD1枚つき)The Japan Times NEWS DIGEST 2012.11 Vol.39 (CD1枚つき)
(2012/11/16)
ジャパンタイムズ

商品詳細を見る


基本的に、読めるけどどう発音するか分からない、というのは嫌なんですよね。

英語は【喋れて何ぼ】の世界だと思うのだ。

準1程度の単語の知識があれば結構ホイホイ読める内容かとは思いますが、発音に苦しむ場面多しです(苦笑)

音読で只管沙汰してます。


あとこれ、

NHK テレビ Trad Japan (トラッドジャパン) 2012年 12月号 [雑誌]NHK テレビ Trad Japan (トラッドジャパン) 2012年 12月号 [雑誌]
(2012/11/17)
不明

商品詳細を見る



毎月、ビジネス英会話と合わせてテキストを購入してて、実際のところキッチリ消化は出来てないですが、語彙のニュアンスの説明が丁寧で凄く分かりやすいし、日本の事をあれこれ学び直すには発見がありますね。

これも音読で只管沙汰。




という事で以前のような単語暗記の日々とはもうオサラバ。

スマフォアプリを最大限に利用し、日本時事、海外時事、この両極端を並行して学びつつ、考えを持って説明出来るように勉強する必要があるな、感じるのでありました。




では、また。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。