スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIC、辞典、洋楽など。


人間て、仕事始めると本当に日記書かなくなるんだな~と思う日々。

TOEIC終了まで書かないとは言っても、いつものようにその約束を破り、更新してしまってる自分を想定してた。

しかし不思議に書こうという願望は微塵も無かったこの2週間。

俺の場合だと、日常生活の欲求不満の捌け口としてブログを利用してるというのがある。

しばらく書かないでいるとムラムラしてくるんですよね。

何と言いますか、主張の場が欲しい、的な。

日頃発散出来ない分です。

まあ、それだけ溜まってたんですね~色んなものが(死)


そうそう、仕事始めてまだ2週間ですが、良い同僚にも恵まれ、中々順調です。

先日の話ですが、約半年ぶりじゃあるまいか、久々にビールを飲んだ。同僚に居酒屋連れてかれたんですね。

実際、失業なんかがあり酒なんか飲んでるゆとりが無かったというのが本音であります。

ジョッキ6杯頂きました(爆死)











今日はTOEICでした。

何か久々過ぎて、懐かしい思いで一杯でしたが、逆にほとんど準備らしい準備はまともに出来ないでの今回の受験だっただけに、10問残してのタイムアップ。

また受けなければならないのは必至ですね。

でも、もうしばらくは良いかな~と。TOEICは(笑)

賞味期限有りの英語資格だけにそう頻繁に受けるもんでない気もしますし、英検の方が重要ですから。

スコア出たら報告します。




















1週間くらい前の話になりますが、とりあえず1周目。音読了。909ページ。


会話作文 英語表現辞典 第3版会話作文 英語表現辞典 第3版
(2004/03/02)
ドナルド・キーン、 他

商品詳細を見る







いや~何か本当に色々な発見があった本でした。

1日10ページというコンスタントなペースで3ヶ月以上掛かった(汗)

たった1周目ですが、何か極端に英会話力が上がった気がします(勘違いかもしれんが)


今回は第3版という事で、前作以上に見出し語を増加させての出版。

まあ前作がどんなもんか知らんですが、同じ値段で見出し語が多いのであればこっちのがお得でしょう。


1周目はとりあえず全ての例文に目を通して、音読で読み通し。

今は2周目という事で現時点100ページ前後の位置にいますが前回と違うのは、例文の中に含まれた句動詞、イディオムにマーカーでマークしながら読み進めてます。

そうすると例文を読んでる時に自然と意識がそこにいくので、覚えやすくなるんですよね。

ビジ英ではいつもこれやってます。

3周目、4週目あたりから頭にスンナリ入ってくるのかと思う。


とは言っても本書を丸暗記したからと言って英会話マスターという事は無い。

この本では英語という言葉の海から使用頻度が高いたった20000表現を紹介してるに過ぎないので、表現というのは無限に増え続ける事を考えると、英語学習に終わりは無いのだな~と。

これもまたこの本から学んだ事です。



















話変わって。

最近、週に2本ペースで洋楽をレンタルしてます。

もともとEMINEMやアヴリルが好きで聞いてたりしてたんですが、本格的にハマってます。

主に英語のモチベーションアップで聞いたりしてるのがほとんどです。


最近聞いたので良かったのがあったので紹介。


AutobiographyAutobiography
(2004/07/20)
Ashlee Simpson

商品詳細を見る



GEOに行った際に前列に並んでたのでとりあえずレンタル。


アシュリー・シンプソン。
この人、何と俺と同じ年と聞くからビックリであります。
しかも子供までいる(汗)

一時期口パク騒動で話題にもなった事もある人ですが、CDの出来としてはかなり良い。

何と言ってもアブリル(実はこの人も俺とタメだ爆)と違って、ハイタッチ感が無く、落ち着いた曲調でありながら力強い。声なんかも男顔負けでないか。

このアルバムの【NOTHING NEW】なんかは完全にこの人の当たり役ならびに当たり曲な気がするな。俺にとってだけど(蹴)












Viva La Vida Or Death & All His FriendsViva La Vida Or Death & All His Friends
(2008/06/17)
Coldplay

商品詳細を見る



もう完全にやられた。聞いてその日の後日には過去のアルバム全部買っちまってました。

COLDPLAY。
何で今までこのロックグループを知らんかったのか。恥かしい限りであります。

【VIVA LA VIDA】を中心として【VIOLET HILL】や【LOVERS IN JAPAN】を挟んでCD自体が循環してるよう。何度聞いてても飽きさせない。

かつてOASISがCOLDPLAYの曲を「自殺したくなるような曲」と言った事があったらしいけども、それが従来のロックバンドとあまりにも違い過ぎるからではないかと。

まあとりあえず、聞いてみてください。凄過ぎます。超お勧め洋楽です♪







それにしても好きなアーティストの歌詞が読めると英語学習ここにあり!って感じですね~



スポンサーサイト
コメント

よくブログを読ませてもらって、やる気をもらってます、ありがとうございます。
私は洋楽はあまり知らないのですが、たまたま数年前、ipodのCMでCOLDPLAYを聴いていいなと思いました。
最近、Life In Technicolor ii のMusicvideoをyoutubeで何度も観ています(笑)。芸が細かいし、かわいいし。
観た人のコメントを読むのもおもしろいです。
歌の入ってない方の Life In Technicolorも、映画(ナイトインミュージアムかな)のエンディングに流れる場面もとても好きです。

こんにちわ、ありがとうございます。
ヤル気もらってますか~それは身に余る光栄です(笑)

洋楽自体そんなに聴く機会は無かったです。まして英語やってなかったらまず聞かなかったでしょうし。
俺の場合はEMINEMの映画【8mile】で洋楽熱に火が付いたと言いますかそれがきっかけにもなりました。
まあ元々洋画は英語やり始める前から凄いよく見ていたので、それが英語やり始めるきっかけにもなってます。
どうせ英語やるなら文法とか単語よりよりは、その文化を知っていくのが一番の楽しみになるんでしょうねぇ^^

コメントありがとうございます。
また寄って下さいね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。