スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びお休み

また恒例の立てこもりじゃない、ちょっと早いんですが試験前の集中学習という事で6月の英検までブログ更新はお休みします。





このブログは


一:義務教育で英語を全く習わなかった管理人が

二:社会人になった後に0から英語を独学し

三:留学、専門校での英語のガイダンスを全く受けずに自分の力だけでどこまでいけるのか


がテーマです。









こういった主旨のブログは結構興味ある人多いのではないでしょうか。


特に同じFC2ブログの場合、足跡が残るので誰が見ているかバレバレなのですが、同じような英語が主題のブログを運営してる方々で毎日のように訪問してくれてるブロガーさんもいれば、たまにしか来ないがイレギュラー的にコメントをくれる人もいます。


また、全く違うカテゴリーのブログを運営してる方で定期的に訪問してくれたりする事から、英語に興味が無い方でも中々興味深いブログなのかもしれないと思ったりするのであります。



まあこんな奴もいるんだな~という感じで見てもらえれば結構。







0から英語。とりあえず1級取ったど~

と、叫べれるように6月までは本当に厳しい期間になりますが(学習時間確保の一環で睡眠時間削減などあらゆる手段を講じる為)、英語というよりも結局は【自分との闘い】に違いないのです。



何だか、若いうちに本気で何かに燃えてぇー!、と思って英語を選んだ8年前を思い出すな~









最後に。

6月の英検。

受験に迷ってる方いらっしゃいましたら、とりあえず受けましょう。

英語が趣味なら尚更受けましょう。落ちたって良いじゃありませんか。

俺も2回落ちました。

無対策で挑んだ1回目に落ちてからパス単を買い、2回目に落ちてから植田本と過去問も買い、かれこれ1級の勉強始めてから単語帳が4冊くらい増えました。

受験の度に教訓を得て実行に移している以上は受験は無駄ではありません。

正直、今度の3度目が受かるか分かりません。

いくら勉強したとしても常に妙な不安を払拭出来ないのが準1までは無かった事です。

しかし上を目指すつもりならば、1級はいつかは必ず乗り越えなければいけない壁です。

今受験しなくても後の人生の中で必ず受験しなければいけない事になります。

まして英語の勉強を一生続けるつもりなら特に言えますが、1級も合格出来ないまま(英語力向上が無いまま)何十年も勉強を続けるのは辛いはずです。










俺はそんなの絶対イヤ!!!









という事でブログはしばし停止しますが、その分、普段絡ませて頂いてる皆様方のブログにお邪魔する事があるかと思います^^

では6月までサイナラ~




さよなら~さよなら~さよな~~ら~(小田和正風に)
スポンサーサイト

恵まれた世界・英語学習編

昨日は会社の飲み会。

参加費3200円とちょっと高すぎじゃあるまいか、と色々文句を言いたいところを抑えつつ参加。



今月はちょっと節制しないと金が無い。結構まずいですわい。

友人の結婚式なんかが重なったせいもあり、給料貰って僅か数日後の本日、金がありません(死)


英語の本を買いすぎてた先月までの余裕(金銭的・精神的な)が無い(というかそれが原因で金が無いんじゃあるまいか?)


金の心配より1級の心配せえ!と渇を入れ本日も英語に向かうのであった。






:本日の勉強:

ビジ英 ヴィニエット2回分
Podcastビデオ(CNN Anderson Cooper 360/Student News、NBC TODAY/Rachel Maddow Show、ABC World News)
   ラジオ(BBC PODCAST、CNN Piers Morgan、その他2本)
New York Times(スマートフォンアプリ)
植田本 2日分
パス単/単語カード
Phrasal Verbs In Use Advanced 2ユニット




もうどこまでもひたすら聞く。

【聞き貫く】スタイルがやりやすい。
というか番組が理解出来るようになってくると流れに乗って理解度が上がる気がする。


Ipod手に入れるまではその恩恵知らなかったんですが、一回使ってしまうともう離せませんね。

これだけ効率良くリスニングの学習が出来るガジェットったら無いです。
ニュースは毎日更新、しかも全部無料じゃないですか。


大きさも消しゴム代(nano)ってどんだけよ。便所でも聞けるし(爆)


使い始めて1年くらい経ちますが、英語学習者には本当にmustな機械だな~と全く持って納得納得。

これを超える新ガジェットが登場するのか分かりませんが、Ipod使わないで英語を習得した一昔前の学習者の方々の努力は凄まじいですね。

イッチー植田が映画100本のセリフをディクテーションしたというのも納得いく気がする。





加えて最近手に入れたスマートフォン(Docomo Black Berry)

実はアプリでTIME・New York Timesを含めた海外雑誌や新聞がタダで読める事が発覚(爆死)

しかも一つの記事が100回くらいスクロールしないと終わりが見えんくらい長い超ロングな記事もあるったりする。

ガチンコで読解を鍛えたい方やインプットを爆発的にアップしたい方には福音。



まだこの機械の機能の1割も使いこなせていない為、他に何が出来るのか不明であります。

英語学習用に改良を加えていく予定。




全くどれだけ恵まれた時代に生まれたのか。

1級申し込んだ

受験料払った。7500円。本当に高え。

低所得民の財布には重い出費。


毎回だが、もうやるしかないな、という気になる。


金払った以上は本気でやる。元はきっちり取る(合格する)つもりでやる事。









6月の英検で具体的な対策としては

:語彙セクションで最低23点(25点満点)取る
:リーディングセクションで最低8割は安定して点を持ってくる。




基本はパス単。
パス単は出ます。これは間違いない事実。

【出る単】と言ったら間違いなくこれ。2500語全部覚えれば8割(語彙セクション21~22点)は安定。

しかし2500語も完璧に覚える自信はない。
というか覚えにくい作りというのがパス単の悪い所。
10周したとしても2500語もの単語が正確に全て頭に入ってるか微妙。

そこで別アプローチの覚え方が必要と植田本(英検1級・国連英検特A級突破スーパーボキャブラリビルディング12000-17000語レベル)が+αで追加。

1級はパス単未収録の単語も当たり前に出てくるのだが、そんな単語まで拾い切るなんてクレイジーな考えは捨て。

とにかく多くの単語に触れる事。

語彙対策ではパス単+植田本が主力。

MBAボキャブラリーは捨て(爆) 
上記2冊で語彙は十分。あちこち手を付けて中途半端になるくらいなら2冊を完璧にすべし。


別途英検サイトの過去問からも単語を拾う事。
パス単収録のものなら付箋張り。未収録なら単語カードへ追加。
単語カードは毎日見る事。


【リーディング】
読解120を毎日解く。
分からん単語は全て単語カードへ追加。
本文の音読も忘れずにやる。



単語とリーディングの仕上げとして毎日TIMEを。

購読し始めて気付いたのだが、1級受けるからといってTIMEを読むのは得策では無い。
海外時事を扱ってるのがほとんどで、単語が読めても英文が読めん現象が起こる。
たまに英文も単語も企画外に難しい時があってあんまり参考になりまへん(死)
いわゆるアメリカ基準の一般教養が無いと読めん。


Podcastが無かったら理解度はガクッと一気に下がる。



ある程度精通している内容を英文として大量に取り込むのが大事、という事を考えるとやっぱりデイリー読売かJapan Timeがベター。

TIMEはいらん。
1級に受かって何年も修行してようやく手に出すような代物。時期尚早も良い所←読むの無いから仕方無く読む(泣)











で、結局思うのは


皆持ってる教材なんてだいたい同じです。


受かる受からんの要因なんて「やってるか」「やってないか」の違いでしかないです。





受けるからには受かりたいな~

英検申し込み・災害を通して感じたこと・1級と他級の差

本日は給料日。

明日の朝一で受験料をコンビニで払い込む。











今回の地震に関しての報道は、全て海外メディアを通してでした。

ABC、NBC、CNN、BBC、CBSその全ての放送局が今回の災害をBreaking Newsとして扱っており、世界的に非常な関心を集めている大事件という事が、実感としてようやく理解出来た気がする。

Newsweek誌では既に今回の災害を記事で扱っており、TIME誌には来週号に載るはず。


実際に海外メディアの特派員が来日し、俺の故郷の山形で取材をしていた様子をPodcastで確認した時は、全く複雑な感情としか言い様が無い。




しかし今回の災害を、特に海外メディアを通して目撃し、


「自分って英語で何がしたいんだろう」


と、改めて考えさせられた。






そう思うのも俺が見た限り、今回の一連の報道には何人かの日本人特派員も登場したからです。


アメリカと日本からの中継でのやり取りでしたが、米ニュースアンカーに全く引けを取らない非常に高い英語力を駆使し、現地災害地からのその悲惨な状況をアメリカへ伝えている日本人特派員には非常な感銘を受けました。



高い英語力同様に【伝える】という意思がヒシヒシと伝わってくるのが分かり、これが本当の意味で英語力なんだ、と。



単に知識だけの英語ではなく、目的が伴ってこその真の英語力、と思い知らされる。














あまり考えたくないのは・・・
現段階で死亡行方不明者1万超えという深刻な被害ですが、果たしてその中に俺と同様に1級チャレンジャーがいたのか。
同じく6月にリベンジを果たすべく睡眠不足に苦しみながら自分との闘いに立ち向かっている者はいたのか。

幸いにして故郷の友人は全員無事にしても、もし同じ目的に向かっている、そうでなくても英語に本気で挑戦している、英語でなくてもいい、何かに死ぬほど夢中になり、同様にもがき苦しんでる同志はいたのかどうか・・・

そうでない事を切に祈る。










次の英検で1級は3度目の受験。

考えれば準1に受かったのが丁度1年前の2010年6月。
1級とのダブル受験だった。


落ちる度に力不足を感じてしょうがないのだが、逆に誰でも受かるような試験ならば取る意味は無い。

しかし合格率7~9%とはいえ、受験者全員が全員本気でやれば合格率は100%のはずです。


本気でやれば受かるし、適当にやってれば落ちる。

100人受けてガチンコで英語をやってるのは数人に過ぎない、1級はそう言ってる気がする。











「わたしは英語を本気でやってます。」

「よし、本当にそうなのか試してやろう!」

これが1級の壁かと思う。



落ちれば

「お前はまだまだ本当の意味で英語を本気でやっていない」

と門前払いを食らう。





こう思う。


受かる人は【真の意味で英語が好きな人】です。

受かる人は【何も考えなくても英語がやれる人】です。

受かる人は【一日中英語をやってても飽きない人】です。

受かる人は【英語そのものを楽しんでる人】です。

受かる人は【いつか受かるという非現実的な考えはしない人】です。

受かる人は【一生英語と付き合っていく人】です。



適当にやってて受かるのは準1まで。1級からは本気試合が必要になる。

お詫び


まず最初に。

昨日の記事に不適切な表現が含まれていた事につきましてお詫びします。

軽弾みな記述があった事につき、誠に申し訳有りません。










家にテレビが無いというのもあり地震があったのは知っていたのですが、その被害状況についての詳しい情報は知らず軽度の被害で済んでるものと思ってました。


しかし今日のCNNニュースを見て目を疑いました。





被害があった宮城県仙台市はかつて俺が住んでいた町です。

学生時代に惜しげもなく街中を歩き回り、友人との交流の場にしていたのを覚えてます。


その見慣れた街が破壊されていく動画を目の前に「何かの間違いではないか」と過去のフラッシュバックが重なり、何度も見直したほどです。


他、ABC、NBCニュースでも同様に今回の災害をメインに扱って報道しており、その凄まじさを今日になってようやく理解しました。



実家は隣の山形ですがスーパー等は封鎖、開いていても品物の入荷が無くガラガラだそうです。

輸送機関などは凍結されており、その流れの動きはほぼストップしてるとの連絡も受けました。








そして今回の津波で重大な打撃を受けた仙台空港。





俺はこの空港で飛行機に乗り、沖縄に来ました。


いわば何度も見ている空港であり、非常に馴染みがある空港でもあります。



建物1Fは完全に水没、2Fからがどうなのかは分かりませんが復興には時間が掛かるようです。



M9.0に訂正があった事も先ほどのニュースで知り、全くの悪夢です。





恐らく今回の災害については次号のTIME誌に載る可能性があります。




早い復興を祈ります。



われ思う英会話攻略 その1 独断と偏見を交えて(爆)



:今日の勉強:

ビジ英 ヴィニエット4回分
知識と教養の英会話
植田本 2日分
Phrasal Verbs In Use Advanced 2ユニット
Phrasal Verbs In Use Intermediate(単語カード復習)
Idioms In Use Intermediate 4ユニット
パス単 100個
National Geogrhaphic 3月号
Podcast ビデオ(MSNBC Rachel Maddow Show、CNN Anderson Cooper 360、The CNN Daily、ABC World News、Showbiz Tonight) ラジオ(ABC News Night Line、Piers Morgan Tonight、CBS News)









やっぱりビジ英って王道ですね。最近再開して、その凄さがシミジミと感じる。



他、やってる事には英検には必要ないものも含まれてますが、単純に英会話が上手くなりたいというのがあります。



アメリカンドラマなんかで英字字幕にして見てみると、句動詞とイディオムが山のように出てくるんですが、見てて感じる事は、英会話上達への近道には圧倒的に知識のインプットというのが必要だという事。


作文力も必要だとは思うのだが、それ以前に知識の増加・英語のインプット量(読書)を増やさない事には英会話なんぞ上手くならんではないかと思うのです。


単に聞いてるだけで~
単に見てるだけで~



まあ世の中には色々な誘惑がありますが、結局は「本を開いて声を出して英語を読む」という学習スタイルが一番効果があるのではないかと思いますね。
少なくともそれは信じて疑わないんですが。











英会話攻略の一環で洋画やアメリカンドラマをよく活用。


しかし勉強した気になるのは好きじゃない。

分かったふりするのも嫌だ。それはそれでキツイ。







英語字幕で

どんな単語、どのような句動詞が使われているか。

どんな表現がどのようなシチュエーションで使われているか。


を辞書を引っ張るなどして知る事(インプット)が無ければ、アメリカンドラマを英語学習教材として扱う事は出来ないのではないかな。




英字字幕の意味が分からないのであれば、そもそもそれはいくら聞いても聞こえない英語の可能性高し。


リーディングが出来ないでリスニングが出来るというのは理論上考えにくいし、そもそも知らん単語・イディオムは聞こえるわけが無い。聞く量増やしてどうにかなる問題では無い気が。

そんなときは【知識を増加せよ(単語覚えなさい)】が一番手っ取り早い気がしますがいかがでしょう?(爆)

学習記録 3/10 やるだけやる。だって受かりてぇもん←

学習記録 3/10 今日は休日でした





:ビジ英 4回分
:知識と教養と英会話
:Phrasal Verbs In Use Advaned 3ユニット
:Phrasal Verbs In Use Intermediate 復習(単語カード)
:Idioms In Use Intermediate 1ユニット
:雑誌(National Geographic 3月号 シーラカンスと中国武道発祥の記事、TIME 3/14号 BriefingとCultureの記事)
:Podcastビデオ(NBC TODAY、Anderson Cooper 360、ABC WORLD NEWS)
    ラジオ(BBC NewsPod、VOA Special English)
:読解120 3問
:リスニング150 3問
:アメリカンドラマ(恋するアンカー・ウーマン、The OC、BONES)
:植田本 3日分
:パス単 150個
:単語カード 100枚








*読解120*
平日2問、休日は3問と決めて解く。

一通り解いた後、和訳と対比させあやふやな表現は確実に理解するようにし、その後、パラグラフ毎に意味が通るまでひたすら音読を徹底。

結構間違える。買ってて良かったかも。
さすがに長文を120問も解けば(音読すれば)英文の見え方がかなり変わるはず(?)


*VOA Special English*
今日初めてナレーターが噛んだのは聞いてしまった(笑)
いつも淡々と喋り通す感じで、録音と思ってたんだが。

思うんですがあのペースで毎日30分とかシンドクないですかね?
結構体力いると思うんですけど、凄いですね。



















しかし、思います。

人間て何かしら目標がないとほんとに勉強しないんだな~と。

明らかに1級を目指してないと、こんなにやらんもんな。
準1の時の倍以上やってるし。


もともと英語が好きならまたしも、何かしらモチベーションを奮い立たせる要因が無いと、英語学習ってかなり難しいように思う。

英語は好きですけどね。ちょっと限度もあるかもしれんな。
さすがに10時間とか超えてくると腰痛との闘いとか、血の循環が悪くなり始めるので外の空気貰いに外出しなくてはなりません。




気分転換で有効と言えば、アメリカンドラマは勉強に疲れて気分転換に見るか、どうもヤル気が上がらない時に見るのがほとんどですが、長時間学習を維持する息抜きとしては凄く良いです(息抜きばっかりになる危険性もあるけど爆)

英字字幕に切り替えれば口語表現を学習出来てしまうという優れものでもあります。



















あ~明日からまた仕事だ。

また寝不足の日々が始まるのである。

学習記録 3/9 多忙な人間程色々こなせる

学習記録 3/9


ビジ英 ヴィニエット4回分
植田本 2日分
パス単 150個
Phrasal Verbs In Use Advanced 2ユニット
Phrasal Verbs In Use Intermediate 復習(単語カードへの移行)
リスニング150 3問
読解120 2問
知識と教養の英会話
TIME
Podcast ビデオ3本 ラジオ3本

 



平日はこれくらいが本当に限界。

朝6時起きで、夜中2時に就寝。

再び6時に起床。


日々8時間超えの学習時間を生み、かつ1級対策の的を得たものは徹底する。


会社での休憩時間もフルに活用。飯を食いながらでも英語を聞く事。


忙しい以上無駄の無い学習を心掛ける事。


眠い時は立つ事。

膝を付いた時のみ、爆睡する(8時間寝る)事。








何事にも言い訳しない事。


正直無駄である。

たまにはこんな日があっても良いと感じるここ最近。

全社員の約8割以上が女性社員の会社にいる、なんて言うといかにもハーレムなのかどうなのかと羨ましがられる事があるけども、実際そうではない。

皆が皆若いわけではないからだ(殴)


というわけで近々ホワイトデーという恐ろしい日がやってきます。



義理返しで済ますにしても、人数が多いだけに金が掛かるな~~~~~

今月は出費が続いたので貯金しようと思う矢先、次々に金が消えていく。

で、今日はジャ○コに行って買出し。

300円くらいでのクッキーを20個くらい買った。

6000円か・・・・

まあ買わないで何か言われるより、買って何も言われん方がマシか。








しかし貯金て難しい。


タバコもギャンブルもやらん人間だけども、その代わり英語の本をここ1年で相当買い込んだせいもあり、人間は何かしら金使わないと生きていけないんですね。






















今日は休日という事で洋画1本、アメリカンドラマ4本という、勉強らしい事は何もやってないな。


たまに、こんな日があっても良いか。
明日からまた取り戻す。




シャーロック・ホームズ [DVD]シャーロック・ホームズ [DVD]
(2010/11/23)
ロバート・ダウニーJr.、ジュード・ロウ 他

商品詳細を見る





満足度★★★★★
英語難易度★★★★★+★



どこまでもイギリス英語だな~って感じ。




シャーロック・ホームズは翻訳版でなら文庫版(創元推理文庫)で全巻持ってる。

初めて読んだのは小学校の時だったな。

当時は強烈な印象が残る推理物だったけども、イギリス文化が何たるかを知らんかったのもあり、日本語でありながらあまり読めんかったのを覚えてます。


高校時代に再度読み直してハマり、一気に全巻読んだのがきっかけで文庫も買ったけど、洋書は読んだ事がほとんど無い。

ドイルが直接手を加えた原書なんて今ではもう手に入らないかもしれんし、そもそも読めん可能性が高い。

英語版で割と最近の表現に編集された物ものなら、いくつか読んだ事があった。
それも読めんくて投げ出した事あったしな。

まあ今読めば前より読めるかもしれんが。


ドラマ版ではジェレミー・ブレット主演のものを見た事があり(これも全て見た)、多分彼が演じたシャーロック・ホームズが原作の人物像に一番近いのでは無いかと思われます。

容貌、キャラクター共にかなり忠実に再現されており、ホームズを見たい!というならまずお勧めする。



原作でのホームズは生涯独身を貫いたんだが、今作では若干の色恋沙汰があり、人物像もそれほどオリジナルに沿ったものでは無いですねぇ。

とは言え、こういうのもありだな、という意味で★5つ。面白かったです。






BBCニュースはある程度分かるけど、イギリスの映画はほとんど分からんってのは、何も英語力だけの問題では無いと思うんですよね。
まあこれは洋画全般に共通する事では無いのかな。

日本に無い制度や裏の事情、文化的な背景知識が土台として無いと、すんなり理解するのってかなり難しい。

少なくとも今回の作品はその例に違いなく、このレベルを字幕無しで100%理解出来るのはイギリス人にしか無理なのじゃないかと思ってしまう。


英語の世界の奥深さを再確認する作品でしたね。



TIMEを復習する

毎週来る度に読める記事と読めん記事の格差がありまくりのTIME。


購読し出してから結構溜まり始めてます。


紙質も新聞と違って良いし、何かもったいない気がして捨てられん。

原価は一号あたり800円とめっちゃ高価なだけに余計に勿体ない気が。





そこで今だ購読は続いてるんだが、古い号から復習する事にした。

英文を読み直して、未知語や分かりにくい言い回しに赤線を引張り、辞書を引いて余白に意味を記入。

意味が通るまでひたすら読み直しと音読。

超ベーシックな英語学習。
地味で手間も掛かります。



確か現在25回連続でTOEIC満点を叩き出しているイングリッシュモンスター氏もNewsweekで同じ事やって英語を勉強したとか。

とはいえ他の人が同じ事やってここまで満点が連発で取れるとは考えにくいんだけども、少なくとも辞書引張るという行為は確実に力付ける学習に違い無いわけでして。






ということで早速、2年くらい前のTIMEでSpanish初のSupreme Court Justiceに任命されたSonia Sotomayorの記事からスタート。

1年分(54号)復習するのにどんくらい時間掛かるのだろうか。

というかよく考えてみると、この作業はその雑誌の単語を全て拾うという事になるので、普通にそのくらいやったらかなりの単語力付くのは間違いないわけでして、イングリッシュモンスター氏はこれを7年続けたらしいです。
そりゃ英語力付きます。

ご本人が言う【引きこもり留学】というのもあながち語学の王道なのかもしれんですね。















嵐の前の休日




植田本 4日分(単語80個)(2周目)
パス単 約200個
Phrasal Verbs In Use Advanced 2ユニット(3周目)
Phrasal Verbs In Use Intermediate 復習(単語カード)
ビジ英 ヴィニェット4回分
デイリー読売・TIME
Podcast 番組4本 ラジオ2本
1級リスニング150 5問

学習時間 約15時間






毎回なんだが植田本が一番キツい。
いつもは1日分か2日分しかやらないけど、休日という事で一気に4日分やった。

単語が難しくなると発音も難しくなり、加えてその例文も凝った作りになるせいか発音がスカスカでついていけんorz
この本のコンセプトが音読用教材なだけにそれ相当の例文がついてる。
ここは有り難いんだけども全例文(1000例文)をギッチリ音読で読み通すのも中々シンドイ。



ついで昨日の記事で書いた植田本に載ってる過去20年間で1級で出題された単語リストを単語カードに書き写そうかと思った矢先、ほとんどがパス単掲載の単語というのが発覚(死)

英文では前後のコロケーションや文脈で意味が連想出来ても、単発で出されると意味が分からなくなる。
いわば暗記の詰めが甘い。

という事で出題頻度が一番高い語彙軍(約100個)を、パス単でそれに相当する単語の欄に付箋で貼り付け。

ここで気付いたのが、かなり何度も見てる単語でも、形容詞なのか名詞なのかをきちんと分けて理解、記憶しておく必要がある事。

exhortation(訓戒、勧告)が文中で読めてもexhortになった瞬間、違う単語に見えてしまう可能性が否定出来ない(実際違う単語に見えたし)

単語とその意味だけでなく、他品詞、同意語にも意識を傾ける必要有。

今回、付箋張りした単語だけは、単語だけ単発で問われても意味が理解出来るようにしておくようにトレーニングする。





明日か明後日にアマゾンで買った読解120が届くのだが、英検の日まではリスニング150・読解120・パス単がいわゆる3種の神器で学習のベースになりそうな感じ。

とは言っても、それ以上にPodcastやデイリー読売で英語に触れてる量の方が圧倒的に多い。
的ハズレな学習は厳禁。
アメリカンドラマを見たくらいで勉強した気にならない事。そんなのはあくまで遊び、余興に過ぎない。
ベースは英字新聞に変わりない。







しかし今更ながら思うのは去年の6月、初回1級に何も対策無しで挑んだ俺はアホという事ですね。
完全に舐めてました。
対策しようと思えばいくらやっても足りんのが1級です。
短期決着を望むなら尚更時間が足りんと感じてしまう。

リスニングするなら少しでも英文を目で取り込んだ方が良い。
というのもipodを持ってるならば歩きながらでも、要を足しながらでも、どんな体勢でも英語が聞ける状況が手に入る以上は、聞き流しだけならわざわざ家でやる事ではない。音読しとけ!って話。

outputの機会を作る為に5月から英語喫茶を再開するにしても、限られた時間を上手く割いて計画的にこなしていかないと片手落ちでどちらも中途半端になる。


ベースの学習(過去問・単語・英字新聞)は絶対に外さない事。



















う~ん、後90日弱か・・・

忙しくなりそうだ。

【詰め】には【詰め】を。英検対策

英検1級 長文読解問題120英検1級 長文読解問題120
(2007/08)
旺文社

商品詳細を見る








大阪の主婦さんに紹介頂いた英検書、早速アマゾンで買った。



これで英検関連の本はパス単とリスニング150問を含めて3冊目。





日頃から適当に新聞でも読んでれば点は取れる。

これは間違いではない。



しかし、そこに更に過去問もやればもっと間違いないと感じた。





英検1級は純粋に英語力を問う試験なのだと思っていた。


実際そうなのだが、一方でTOEIC的な要素も含まれてるかとも思う。

問題の傾向を知ってるか知ってないかで、同じ英語力で点数が変動するというのが1級の場合にも少なからず起こるように感じます。










まあ、と言っても本音ではもし6月がダメだった場合、「やっぱり買っておけば良かった」と後悔するのが嫌なだけ。

買ってガンガンやってダメなら、もうそれはしょうがね。受け入れなさい←







あともう1つ【詰め】の作業をやる。


今、植田本を日々2、3セクションくらいずつ進めているのだけども、実はこの本の前の方に過去20年の間に1級で実際に出題された単語が4段階の頻度別に約900個載ってる。

こういう情報を利用しない手はない。

そこで頻度が一番高い単語軍を優先して、単語を見て意味が連想出来ないものは全て単語カードに落とす事にした。


パス単丸暗記は英検には効果的。


しかし要点を付いた無駄の無い暗記も必要かと感じた次第。

山が外れたら嫌だもんな。





がむしゃらに勉強するのも良いけども、要点を付いた勉強も実際に1級では必要かと思うのは実際に受けたからだな。
やっぱり受けて損は無いですな。



不眠症に悩む・英検語彙対策

もういつからか分からないけども、夜中に2、3時間置きに起きるなんてほぼ毎日。

睡眠不足が常になり、もうそれに慣れてしまってる部分もあったりする。



寝る前に睡眠促進剤としてデイリー読売を読むようにしてるのだが、なかなか寝れん。
昨日は挙句に1号分読み通してしまった。




とりま人生の悩みは沢山ありますが、英検が頭から離れないというのがあります。





どうやったら1次試験を突破出来るか→単語覚えりゃ何とかなる



これが過去2回の受験から得た答え。


単語が分からんくてもリーディングで点が取れる、

とか、

単語が分からんくてもリスニングで点が取れる、

とか色々あるかと思うんですが、それが出来る人は良いです。


しかし少なくとも俺の場合そんなテクニックは当てにしておらず(実際そんな事出来たとしても信用しておらず、本番の試験では語彙対策無しでは賭け以外の何物でも無い)、【地道に単語で確実に点が取れる方式】を信用する。



パス単・植田本・MBA ボキャブラリーで回す方式を取っているが、正直これだけの単語を短期間で身に付けられるとは到底思っていない。

植田本は掲載語数が1000語なので、1日4~5セクションずつやれば10~13日で1周出来る。
英英と和訳での説明が付いており、コロケーションと例文も付いており覚えやすく、学習効率をここまで重視した点では今まで見た事無いタイプの単語帳。
単語カードも駆使すれば試験日まで全単語を身に付ける事は十分に可能。

しかしパス単に至っては覚えにくさもあり、ひたすら回す方式を取っても全語彙を制覇するにはかなりの根気がいる。
まして類義語が多く、ニュアンスの違いの説明が無い為に覚えにくい事への拍車を駆けている感じ。

MBA ボキャブラリーも載ってる単語こそ植田本を超えてはいるけども、基本が和訳であり英英の説明が無く覚えにくい。
加えて収録語数3615語と桁外れ。
パス単と重なる部分が多いにしても、とにかく覚えにくいとしか言い様が無い。
しかし出る単語帳である限りは回すしかない。


まして1級となると出題される語彙範囲は必ず存在するとは思うのだが、見た事無いものが含まれていたりするのが常で、いかに幅広い範囲で英単語に触れる必要があるのかが重要かと思う。





まあこれ見てる方で、極端だな~と思う方もいるかと思うんですが、実際念には念をいれておくには越した事はなく、客観的な事実としてパス単を覚えれば語彙で9割は取れます(実際の問題冊子を持ち帰ってパス単でのカバー率を調べたら8割強だった)。


しかし、それは寸分の狂いもなく【完璧に覚えれば】の話であって、2500語の語彙、さらにその単語の類義語にも注意を払う必要が出てくる(俺が受けた回に出た単語で収録単語ではなくその類義語欄に掲載されていたものがあった。あんなちっちぇえ所見ねえし爆)。



結局思うのは、1級語彙パートで満点を取れる教材は既に手元にありあとはやるだけ、というのは誰でも同じかと。





如何に脳みそを刺激して、単語を浸透させていくかが課題。


とは言っても、ここまでしなくても1級に受かってる人は見てますが、個人的な保険が欲しい、安心が欲しいので限界まで覚える。


















2次試験対策ではこれ使います。


知識と教養の英会話 CD2枚付知識と教養の英会話 CD2枚付
(2008/06)
クリストファー ベルトン

商品詳細を見る




こんな事やってます・単語カード編

題名通り。

国内で誰の教えも受けずに英語を独学してきたなら、独学してきたなりに知恵を働かせて色々試行錯誤するわけですが、その一つに単語カードがあります。


超ありきたり過ぎて半ばガッカリした方多数は予想しとりますが、やり方がちょっと違うと思うのは「取りこぼしを防ぐ」という目的の元で単語カードを利用してる感じとでも言うのでしょうか。


世の中にはCNN EXPRESSやビジ英、茅ヶ崎式など非常に優れた英語教本があり、それらを逐一購入して消化・吸収して次の教本に移る、というのが英語学習のベーシックスタイルかと。

しかも同じ教本を【何度も回す】のも基本になるかと思う。

何度も周を重ねる事に、その本に載っている情報の理解度が徐々に100㌫に近づいていく。
ここまでは通常通り誰でもやってる事。

しかし、どうしても覚えれない単語やイディオムが出てくる。相性が悪いとでも言うのか。
何度辞書で引張っても忘れてしまうという、しぶといのがあります。

そういった理由で、その本に載った情報を100%消化・吸収するというのは、正直かなり難しい。




で、思った。
何かそれってもったいないな~という事。

カツ丼注文したのに、半分も食わない内にドンブリ下げられた幼少期を思い出すな(どんなシチュエーションや)




考えに考えて思いついた解決策。

何周かした後でさえ、見た瞬間に意味が分かる語意、と、見た事はあるが分からない語意、に分かれてくるかと思うのですが、そこで単語カードの出番。


単純に覚えれないものだけピックアップして単語カードに書いていくだけ、というのが答え。






今、Phrasal Verbs In Use Intermediateが4周目に突入。

しかし【実際の英会話で使える】、【何とか思い出せる】【思い出せない】といった具合に3周(半年くらい掛かってる)もしておきながらこの本に載っている情報(句動詞)の習得度に非常なバラつきがある。


そこで、【何とか思い出せる】【思い出せない】に属する句動詞軍を特別扱いし、単語カードに転写していく。


こうする事でこの本をわざわざ5周目、6周目やるといった手間が省けるし、既に使える句動詞は飛ばしていく事になるので、分からない句動詞軍にのみ集中して復習する事が出来、学習効率も格段に上がる。


何分、単語カード自体作るのが手間が掛かるので【何周も回した上でそれで尚覚えれない語意のみ単語カードへ移行する】といったやり方が効率宜しいかと思われる(以前、1周目から分からん物は片っ端から転写していて効率悪い事に気付いた)



もっとやりやすい方法あるか模索中です。

【ボーン・スプレマシー】&【ボーン・アルティメイタム】

ボーン・スプレマシー [DVD]ボーン・スプレマシー [DVD]
(2005/06/24)
マット・デイモン、フランカ・ポテンテ 他

商品詳細を見る



ボーン・アルティメイタム [DVD]ボーン・アルティメイタム [DVD]
(2008/03/07)
マット・デイモン、デヴィッド・ストラザーン 他

商品詳細を見る




満足度★★★★★+★
英語難易度★★★






いや~面白かったです。
前回の記事で書いた【ボーン・アイデンティティー】の続編の2作目と完結編になりますが、久々の当たりでした。


サスペンスアクションというとパターンが見えて、中々視聴者を作品に引き込むのは難しいと思うのだが【ミッションインポッシブル】に似たようなハラハラ感がありました。


しかし残念だったのが、1作目で登場したマット・デイモン演じるジェイスン・ボーンの恋人マリー(フランカ・ポテンテ演じる)が2作目の序盤で死んでしまう事。

結構1作目で強烈な印象残していた女優さんだっただけに、最後までいて欲しかったヒロインですね。




何か似たようなケースに、アメリカンドラマのThe OCでヒロイン役を演じたミーシャ・バートンがシーズン3までいっておきながら、いきなり降板してしまった事件を何だか思い出してしまったな~

降板後に一気に視聴率が急落し、結局途中で撮影終了してしまったくらいですから、いかに彼女目当てでこのドラマ見ていた視聴者が多かったか物語ってますね。  俺もそうだった


洋画の場合、シリーズ化するのは【スターウォーズ】や【ハリーポッター】などが有名だけどもアメリカンドラマだと遥かに長くロングヒットが続くのが当たり前で、【ER】は確か14シーズン?(ドラマ自体は完結した)くらいまでいったっけ。
【BONES】も確か今は6シーズンまでいってて既に5年くらい続いてるドラマですが、まだ1シーズンでうろちょろしてる段階だからな~
まあ勉強用で購入して何度も回し見してれば全シーズン見るのは何年も掛かる話なんだろうけど、レンタルすりゃ早い。



今は週1で洋画1本・アメリカンドラマ1本ペースでレンタルして見てる(字幕無しで1回、英語字幕で1~2回ずつ)

英語に全く興味が無かった10年前から洋画好きだったというのがあったもので、英語で見れるようになると面白さが10倍にも膨れ上がりますね。



しかし思うのは洋画・アメリカンドラマはあくまで娯楽です。

英語の勉強に違いないのだが、毎回何かしら消化吸収出来るものが無い(表現の知識の増加など何かしら得る物が無い)と見る意味が無いと思うのだ。

CNNやABCニュースはもとより英字新聞やPBに比べて、英文としての分量は圧倒的に少ない。

英語の勉強としては効率悪すぎに違いない。


とは言え、洋画でしか知る事が出来なかった表現がかなりあったのも事実ですから、非常に使える英語教材。

要は、そればっかりではいかん、という事ですね。

なもので俺はガッツリ普段の勉強をやり終えてから見るんですが、夜中から見始めて朝方4時に終了し、8時には仕事に行くなんて事がしょっちゅうあります(マテ

娯楽には勝てんな~



植田張りに洋画全セリフをディクテーションするとか、洋画を学習教材にしてしまう程そんな根性はありませ~ん←

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。