スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっちまった

どうも昨日のブログ更新時からおかしいとは感じてましたが、やはりそうでした。

でダウンorz


過労が原因というのは言うまでもなく、健康管理の乱雑さが原因でしょう。

昨日1日寝ていたのですが若干の回復しか見られず、結局、本日の仕事は休んでしまったorz


それに伴いちょっと食生活もかなり偏っていたのもあり、免疫力その他身体の抵抗力落ちまくり。


こんな体調の時にいつも聞き取れる英語の音も全然聞こえません、むしろ頭に響いて辛い。



という事で本日はそう体力を使わない勉強を。。


スポンサーサイト

勉強しないと身に付かないのが英語

ここ1週間、平均睡眠時間3時間というシビアな生活だった。

本当に仕事と英語の両立って大変。

残業付き労働に従事している以上は計画的に、もっと言えば計算高くならないと学習時間など作れん。


今日は休日、少しは療養出来るかな(ってか病人か)







本日、購読中のNational Geographic 10月号が届く。

National Geographic [US] October 2010 (単号)National Geographic [US] October 2010 (単号)
(2010/09/28)
不明

商品詳細を見る



例のメキシコ湾オイル事件を取り扱った奥深い内容。

今月号は特別号らしくメキシコ湾の地図、その範囲の海域に息づく生物や環境へのオイル事件での影響など図解解説が別冊子で付いてきた。

こういう粋な計らいは嬉しいなあ。

そもそもナショジオ自体が俺の中で当たりな雑誌、元理系人間にとって読んでて非常に興味深く楽しい。

TIMEやNewsweekや一時期だけでしょうけど、ナショジオは洋書と同じで情報が半永久的に継続しますから年代が経っても使える知識が身に付く。
そういった意味で今後も購読は継続したいと思う。














バッドボーイズ コレクターズ・エディション [DVD]バッドボーイズ コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/06/03)
マーティン・ローレンスティア・レオーニ

商品詳細を見る





映画で英語を学ぶなんて、映画好きならではないのかな。

初めて見る映画は字幕無しで、挑戦するのがある意味の楽しみでもある。




上記映画はウィル・スミス主演の刑事モノでマイアミの犯罪組織撲滅に勤める2人の刑事の話。

英語はfuckを使った強調語が非常に多い、ただ英語自体はそう難しいようには感じないかも、適当に聞き流してるだけかもしれんけども。
多分スラングもかなりあるんだろうか、いくらリスニングが中心の勉強してきたとはいえ、2時間も字幕音声に集中するのはかなりの疲労を感じるもの。

アメリカ口語辞典で音読した事があるフレーズが、そのままセリフで流れた時は流石に鳥肌が立った。

というのもこの辞典はfuckやsitといった卑語、軽蔑語を惜しみなく掲載しており、特にson of a bitchが良い意味で使われる事も多いというアメリカ英語の真実が収められてる。

という事でそんな生の英語を日々音読してると字幕映画の理解度も若干ながら上がるのは当たり前だろう。

いずれにせよ字幕を確認して復習しないとダメです(笑)








今年ももう9月後半ですね。


2010年初めに各自で決めた(であろう)抱負が皆さんあるかと思いますが達成出来そうですか?


俺は、英語を3000時間勉強する、が抱負でした。
でもちょっときついかもしんない。

この調子だと2700時間前後で失速するかもしれません。

実は今の学習量は英検準1に落っこちてから始まってます(しかも3回目笑、なものでまだここ1年半そこらの話。

この学習量を維持したまま、半年後に受けた準1が合格点を大幅で越えての合格、やはり学習量に勝るものは無しと実感したもの。
1級も同じ要領でいきたいですがね、まあ今の学習量を継続出来れば全然見える話ですけども。


それまで、勉強してるつもりで全然してなかった、とすら気付かず勉強する日しない日とダラダラが続いていたのですが間違いなく英検に落っこちたのはやる気に火が付きましたし、植田一三さんが本で紹介している勉強を見て尚更モチベーションが上がったのもあります。

その一説を少し紹介

「私の場合、24歳で英語の勉強を始め(スタート時に英検1級に合格)、27歳で私の英語学校IES School Of Communicationを発足するまでの3年間、1日平均10時間以上勉強しました。その間の英語の資格・検定試験をすべて受けて約半分をパスし、玄人レベル(英語のプロとして飯が食えるレベルと定義)に近づいたと思いますが、この間リスニングは3500時間(このうち約1000時間はニュースのシャドウイング)、リーディングでは英語の百科事典(3000ページ:450万語:洋書換算60冊)をカバートゥカバー読破、タイム・ニューズウィーク・英字新聞・洋書などを洋書換算で500冊、ボキャビルでは日米口語辞典をはじめとする語彙表現辞典を20冊以上読み、例文をノートに写しテープに録音して覚え、ライティングではアメリカ人の友人に150通(100ページ書いた手紙もある)、スピーキングではアメリカ人のガールフレンドと週1、2回の交流の時に10時間近く会話したり、通訳の仕事をしたりして鍛えてました。またIES発足からの17年間は英検1級対策、タイムリーディング、洋画などのセミナー主催や、コンピュータ翻訳ソフト開発の仕事でBBIのコロケーション辞書を翻訳したり、米国大学院に2度留学(2度目は大学で教える)するなど、常に上のレベルを目指して努力し、やっと43歳くらいから達人が見えてきました。」


これを始めて読んだ時に思ったのが、この人・・・・










俺の100倍、いや!1000倍は勉強してる!!!


勉強法はプロに習え、とはまさにこのことです。
同じことやれば良いのです。

ただ勉強法にしても各個人で相性がある為(多読派、音読派など)、各自でアレンジしつつ学習量をとにかく増やす、結局英語なんてそれだけでしかない。

達人と言われる人は英語の達人であると同時に、努力の達人でもあるんだなと実感してしまったものです。

学習記録 9/24



学習記録 9/14~9/23

アメリカ口語辞典 ~170P音読
日米口語辞典 ~34P音読
Give Get辞典 ~124P音読
使い方辞典 ~120P音読
MBC ボキャブラリー ~119P音読
Phrasal verbs・Webster・ナショジオ・デイリー読売・PB
Podcast ビデオ約70本 ラジオ約25本
アメリカンドラマ 10本
今すぐ使えるスペイン語・入門・NHKラジオあれこれ音読

学習時間 約70時間



学習欲>食欲>睡眠欲>etc の図式。


自学を優先

英語喫茶を当分の間、休会する事に。

最近は多忙で行く余裕が無いのもありますが、しばらくは自学の時間に当てたいというのもあります。


インプット無くしてアウトプット無し、とはよく言うもので、ろくすっぽ満足な知識の詰め込みも無くそんな早々ぶっつけ本番でネイティブと喋って会話が上手くなるわけもない。

日本での英語熱は世界一と言われながら肝心のその実力は世界最低と言われるのも大概は、「出す為には入れなければならない」と言った理屈を知らないのがほとんど、やはりぶっつけ本番で英会話教室だ、ぶっつけ本番で英検だTOEICだと問題集を解きまくる流れが少なからずあるのではないだろうかと思う。


汚い話が、排泄する為には食べる必要がある、沢山排泄する為には沢山食べる必要があるのだ(力説)


喋れるようになるにはその前に大量に読んで聞く必要があるのは当然かなと思うわけです。





本日の勉強。

get next to someone 取り入る

He's always trying to get next to the boss.





お勧めの洋画

プライドと偏見 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]プライドと偏見 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
(2009/07/08)
ドナルド・サザーランドマシュー・マクファディン

商品詳細を見る



個人的に主演のキーラ・ナイトレイが好きで1年くらい前に購入。

既に20回くらい見てる作品ではありますが、字幕英語が意味分からん過ぎて投げ出した映画でもあります。

でもストーリーは素晴らしいと思う。
原作では主人公(キーラ・ナイトレイ)の姉の方が主人公より美人な設定ですが、映画では主人公のが上回ってる点で原作に忠実ではありません。
まあそんなもんどうでも良いが。

そもそも俺は恋愛モノはダメな人間、そんな人でも「ああ、良いな~。昔のイギリス人はこんな恋愛してたのか~」と感慨深くなりますね。

単語力付けてまた挑戦してみたい作品。







オーシャン・オブ・ファイヤー [DVD]オーシャン・オブ・ファイヤー [DVD]
(2004/08/18)
ヴィゴ・モーテンセンオマー・シャリフ

商品詳細を見る





これは本当に凄い映画。
英語の勉強になるならんよりもストーリーが良い、何度も見て何度も泣いた映画でもあります。

アラビア砂漠を横断するというレース「オーシャンオブファイヤー」に愛馬ヒダルゴと共に単身アメリカ人として参戦する主人公の話、なんと実話が元になってると言うからビックリだ。

英語勉強してて本当に良かったと思わせてくれました。

英語に興味無くとも全ての人にお勧めの作品。













やっぱり英語は勉強の枠に縛られずに楽しむものだと思うのですよ。

ここら辺の考えはもちろん人によるんでしょうけども、少なくともライフワークとして英語を一生続けていくつもりならば英語を趣味とした方が普通に続けられると思います。

受験勉強を一生続けるのは無理がありますしね。

俺はやはり根がテレビっ子だっただけに見て聞く事に関しては好きでいくらでも続けられるようです。
なものでipodを利用して海外ニュースを見たり、洋画を見たりする、といった視覚聴覚学習は1日中やってても飽きない。

テレビゲームにしても今は全くやりませんが、一時期中毒的にハマッた時期がありまして寝ず食わずで25時間ぶっ続けでプレイし、その日に買ったゲームソフトをその日でクリア、後日売却するといった生活を送っていた事があります。

好きならいくらでも続けられる、といった点で英語とはここが似てますね。

まあ逆にここが弱みでもあるんですけども(笑)

TIME購読を申し無む


許されるならば声を大にして言いたい。


























仕事辞めてぇ~~~~~!!!!!!











こう残業が続くと働く気力も失せる。

おかげで限られた時間を利用して英語に向き合ってる人間にとって影響出まくり。
大した給料じゃ無い癖して好き勝手仕事を振られ、残業せざるを得ない状況に追い込まれてしまう、まさに泥沼。


これは早いうちに見切りつけた方が良さそう。










おかげでTIME購読を申し込む(ってか関連性が見えん)


俺はAmazonのレギュラーカスタマーです。
ある時に商品と一緒にTIME購読の広告が同封されてまして、年間10800円、なんと1号あたりの200円であります。

おいおいジャンプより安いのかい(笑)
原価840円で76%OFFてどんだけ赤字覚悟なんだよ。


貧乏人にはありがたい話だが。


という事で、TIMEが近々日常的に送付されてくるようになりますが、洋書と合わせて乱読、購読してる以上は毎週号を確実に消化するようにする。





俺の仕事に対するストレスは学習意欲に繋がっているのだ。

辞典読み比べ

965Pまできました。

975Pで終了、明日には読み終わりそうです。



最新日米口語辞典 増補改訂版最新日米口語辞典 増補改訂版
(1982/01)
不明

商品詳細を見る




今回は2周目ですから割と知らない表現が減ってきた気がする。
といってもあくまで、見たら知ってるが使いこなせない、というレベルの域を出てないものがほとんどですから、この認識語彙を運用出来るようにするにはもう次回3周目、4周目と読み通す必要がありげ。


見出し3000語、派生表現を含めれば15000~20000表現は収録されてるかしら、洋画やTIMEなどに登場する生きた英語の例文が豊富です。

個人的に徹底してるのは全ての例文を音読しとります。
なものですから普通に通読するよりやたら時間が掛かる、でも音読のメリットを知ってる人にとってはこれほど効果的な勉強法は無いかも。


いくつか気になる事があると言えば、今、同時進行で音読しとりますアメリカ口語辞典


話すための アメリカ口語表現辞典話すための アメリカ口語表現辞典
(2007/10/25)
市橋 敬三

商品詳細を見る



こっちは日米口語辞典と例文の数が比較にならず、同じ表現であるにも関わらずニュアンスの違いで10~30近くも例文が並ぶものがあり、例文数はもうわからん、6~70000くらいあるんじゃあるまいか、これも全て音読しとります。


どちらの辞典の著者も英語の世界ではプロ中のプロ、達人と言われている人達ですから疑いようが無いんでしょうけども、気になる点は片方の辞典にはネイティブに通用すると書かれている表現が、もう片方ではネイティブの間では全く使われていないと解説されている表現がいくつかあり、どっちを信用したらいいんか分からん事(笑)


とは言ってもこの使われていないという表現を実際に俺自身がネイティブに使ってみた所、実際は通用したので通じる英語ではある。

まあ市橋さんが言うように全く日本の土を踏んだ事が無く、日本人の東洋的な発想を全く知らない、在日外国人に見られるような日本語英語の妙な影響を受けていない純アメリカ人にアメリカの地でガチに通用する英語となると、アメリカ口語辞典のが現代アメリカ英語の姿なのかもしれませんな。


こうあちこちの辞典を読み比べてみるのも著者の独自の考え方がよく現れていて面白いですね。

ザッと目標


今後の計画についてまたザッと考えてみる。

そもそも英語自体の勉強に目標設定していないだけに、英検やTOEICはオマケのようなものでそんな重要視してません。

が、何かしら目立つ資格としてやっぱり英検1級は欲しいとは思う。

とりあえず来年6月に英検を受け、その時期から国連英検やTOEIC、英会話検定なども受けていければ。

その出だしとしてのまずは英検。
正直、対策らしい対策はそんな必要無い様に思う。

というより1級レベルになるといくら対策を立てたところで、結局は普段から行っている体力トレーニングがモノを言うと思いますし、直前に過去問を数回分解いただけで受かるような試験なら世の中には今より更に1級ホルダーがワンサカ溢れていてもおかしくない。

試験対策より筋トレのが大事でしょう。


パス単という対策本が存在する以上、少なくとも単語の確認くらいこの本でやっておく必要がある模様。


まあテスト勉強がツマラんくてしょうがない俺みたいな学習趣向の好き嫌いが激しい人間が我流で勉強して1級受かるとは思えんけども、とりあえずやるだけやってみるしかないのかな。

1度受験経験があるだけでも大分違う、手元に当時持ち帰った問題がありますから直前にそれを解いてみるのも良さげです。


今出来る事は、日々の聞く量と読む量を落とさない事。

それしか外国語の勉強って思いつきませんが、う~ん2011年中には受かりたいな~


リンク張らせて頂いている1級ホルダーの皆様に早く追いつきたいです(笑)

リスニングの勉強

今日はようやく休日。
久々の爆睡。

9時間以上寝るなんて1年ぶりくらいですね、そのくらい見えないところで疲労の皺寄せがあったことは近頃の生活を考えれば頷ける話。












入門を終えたら接続法を使って話そうスペイン語―NHKラジオスペイン語講座 (CDブック)入門を終えたら接続法を使って話そうスペイン語―NHKラジオスペイン語講座 (CDブック)
(2007/02)
吉川 恵美子

商品詳細を見る





買ってみたものの今の俺のレベルではムズ過ぎ。
手を出すのが早すぎた感が本を開いた瞬間分かった。

スペイン語は基本動詞の展開パターンが英語に比べて遥かに多い、この本は口に出すことが出来なくとも文章を見てある程度、初級動詞のパターンが読めるのが前提。
今は読めもしませんorz

まあ今は手元に置いといてそのうち取り組める日が来るでしょう。

日々努力はしてるのだよ、いずれガンガンやりますとも。












Podcastで個人的にお気に入り、ダウンロードしては毎日見ている番組で

NBC TODAY
NBC RACHEL MADDOW
ABC World News with Diane Sawyer
NBC Meet The Press
CNN Anderson Cooper 360
Good Morning America Health

・・・・などなど。

それぞれ3回分の放送をストック出来るようにしてますが、日々新しい番組が更新される為その都度全てを見る。

毎日新しいニュースと手加減無しの英語が無料で聞ける(見れる)、正直こんな素晴らしいリスニング勉強は無いと思う。

1日でダウンロードする番組は全て見るようにしてる、他にラジオも入れれば日々4~5時間は英語を聞いてるかもしんない。

そうすると英語を聞く量は月120時間として(1日4時間換算)、年間1440時間。

その他アメリカンドラマ、音読など入れれば年間2000時間以上は英語を聞いてる計算。



常に本物の音に挑戦し続ける事で本物のリスニング力を養う。

教材用CDを聞いてて洋画が聞き取れるようになるとはどうしても思えんのです。

CDでディクテーションは面倒臭くてやりたくない俺としてはただひたすら聞いてる方が楽。

そんな細かい事いちいち気にするより、とりあえず聞く量を増やす方が大事だと思うんですね。
そこら辺は多読に似てるのか。


とりあえず聞け、話はそ・れ・か・ら♪式リスニング。




同じ番組を見てるとその司会者の独特の言い回しやにも愛着沸いてきますね。
常に海外の最新のニュースが題材の為かNewsweekやら新聞などで社説やコラムも割とすんなり入り込めるようになった気も。



最近思うのが、徐々に余裕をもってシャドウイングが出来るようになってきたという事(もちろん話者によるけども)

シャドウイングは音を読む、という作業になる為リスニングの勉強にもなりますし、やはり生の英語を媒体にしてると、お!こんな言い回しがあるのか・・と色々発見があります。



しかーし、洋画理解への道は遥か天竺の遥か先・・・

学習記録 9/13


9/6~9/13までの学習記録

アメリカ口語辞典 1578P~90P
日米口語辞典~931P
Give Get辞典~95P
使い方辞典~124P
MBA ENGLISH ボキャブラリー~90P
English Phrasal Verbs Use~16P
デイリー読売 3日分ほど(経済・株・スポーツ記事はすっ飛ばし)
ペーパーバック 100Pほど
Podcast ビデオ30本 ラジオ8本
アメリカンドラマ 6本

スペイン語入門お浚い
すぐに使えるスペイン語 30ユニット
NHKスペイン語会話

学習時間 約50時間







つくづく思う。

学習時間など、学習そのものの質が伴わなければ無意味である。

多忙人間の英語学習

昨日、会社を出たのが24時。

帰宅して風呂に入り飯を食って寝たのが3時。

そして目覚ましにたたき起こされ、起きたのが4時間後の7時。

速攻でまた会社に向かい9時間拘束労働をしなければならないという超ハードな2日間はようやく終了。


飯を食いながら、移動中、コンビニのレジに並びながら、会社の休憩中、日々生活の中で出来る僅かな時間も逃さず耳にひたすら英語を流し込む。

ながら学習で読書量を追う勉強は中々難しく、耳から取り入れる勉強のが性に合う俺としてはipodを使うのがやりやすい。



今までEnglish JournalやCNN EXPRESSなどを年間購読したり、実践ビジ英やらアルクのヒアリングマラソンやらリスニングを鍛える投資はした事がありますが、実のところ思うのはリスニング力もリーディングでいうところの読解力と似たようなもので、結局は聞いた量。
聞きに聞きを重ねてくるとある時をキッカケに皮が剥けるように思う。

100時間かそこらのリスニング量では中々成果が見えなくとも1000時間、2000時間なら大分違って聞こえてくるもの。

知らない単語(特に口語イディオム)は聞き取れないなどは極論ではありますから、ひたすら聞いてて分かるようになる範囲にも限界があるようにも。

とは言え日常英会話を構成する約80%の語彙構成は高校で習う700前後の単語で間に合うという調査結果もあるくらいですから、ほとんど知ってる内容であるにも関わらず聞き取れない現象が起こってることになる。


まあそんな理屈云々はどうでも良いですが、結局は量に勝るものは無く、1000時間でも3000時間でも聞いたもん勝ちでしょう。

とりあえず聞け、話はそれから式。


リーディングも同じで、とりあえず読め、そのうち分かるでしょ式。


今の状況的に聞く量:読む量=8:2のような感じでバランスが悪い。

月々のNational Geographicを消化するようにしてるにしても、そもそもこの雑誌の分量は大した事無い。
この程度の読書量では不味い。



結論言えば単純にもっと生活にゆとりが欲しい、それなら読めるもんも読めるってもんだぜ。


では寝ます。

仕事と英語との両立 その2

基本、土日祝日は休めない仕事をしているとTOEICやら英検やら頻繁に受けるわけにはいかず、その学習モチベーションを持続させるのになかなか工夫がいる。
受ける機会自体が限られている以上、今出来ることはひたすら力を付けることしかないんだが。





本日の仕事は終了が24時、そして明日は朝8時から仕事。

先週の土曜は終了が夜中3時、そしてその4時間後には再び会社にいなくちゃならんという殺人的スケジュールに見舞われ、結局その日は2時間しか寝れず(笑)

そんな中、日々如何に英語の時間を作れるか、如何に睡魔という魔物を打ち破り自我を抑え付けて英語に向き合うのか、悟りの境地に陥いるわけです。

しかしそんな生活でも若さゆえか(今だけかもしれんが)英語とスペイン語、さらにブログ更新までこなせてるこのエネルギーには我ながら驚きでございます。



座って英字に向き合うと眠くなる、じゃあ立って読めばよい。
立ってでも眠くなる、じゃあ歩き回りながら読めばよい。


真夜中にここまでやってる以上は多分本気なんでしょう(自分でもわからん)。





アメリカンドラマは遊びで見ていただけに最近はほとんど見てません、見たら確実に寝る。
というより時間が無いなら多量の英文に当たる方が学習効率がいいと思うので、読む量を優先。
その代わりNewscastを日々7本近く(4時間くらい)見るようになり、こちらも短時間で多量の英語を聞けるので効率重視。



ってかこんな生活になったのも最近同僚が何人か辞めまして、その分の業務の皺寄せが俺に来てるわけでありますorz
しかし仕事如きで日々の生活リズムを乱されるのを根から嫌がる自分としては、気合でやりたい事はやる。

それにしても早く休み来ないかな~

沖縄の英語需要


たまに求人なんか覗いてみると沖縄県で英語を使う仕事って結構あるもんで、最近見たのが石垣島で通訳の仕事。

ってかあんな離島で何すんの?
と率直に思ってしまいましたが、実のところ石垣島住民は地元出身者以上に日本本島出身者が多く、最近では外国人の観光客も増えてきているという発展真っ盛りな島なんですな。

1度だけ宮古島に行った事がありましたけども、自然こそまさに楽園でありながら町らしい町がありません(あるかもしれんが見つけられんかった)

宮古島と比較するのもおかしい話だ。
まあ沖縄離島で一番都会化が進んでいると言ったら石垣島は間違いなし。

また沖縄はロケーション的に台湾人観光客が超多い。
なもので英語・中国語スキルある人は引っ張りダコになります(多分)




他の求人を見てみるとよくあるのがコールセンターの受付。

沖縄は人件費が安いのが主な理由でコールセンターが凄く多い。
主婦の方をターゲットに宣伝している昼・深夜の通販番組がありますが大抵沖縄に繋がります(笑)

もちろん日本人のみならず外国人のお客をメインに動いている会社もあるのもあり、コールセンターでの英語需要は高いといえるかも。
とは言え、やっぱり給料は本島の3分の2といったくらいでそのクセ物価は本島並みですからたまりませんな。



その他、英語講師、子供英会話講師、営業職、銀行職、翻訳、かなりのレアケースで米軍基地勤務なんか見たことある。


米軍基地だとアメリカ基準の雇用体制のなるらしく公務員と変わらんです。
そういった意味で募集が掛かり次第速攻で埋まってしまうのも現状。


携帯ショップ受付で基地での営業職なら基地に乗り込める仕事なんて確かあった。

そもそも沖縄自体が在日アメリカ人が多いせいか、単にスーパーのレジにしてもカフェの店員にしても求人上では「英会話出来る人歓迎」を掲げている会社も多い。

そういった意味で沖縄の英語熱は高いと思う。





で、何故に求人巡りしてるかというと、俺もいずれ転職する予定では御座いますからその物色と様子見です(笑)

現職に満足してないわけではないですが不満が無いわけでもなく、派遣村などとちょっと人事じゃないニュースなんか見てると明日は我が身な焦りが出ます。

とりあえず何かしら資格持ってれば間違いないとは思いますし、その出だしとして英検がありますね。


まあ日々マイペースにコンスタントにこなしていけば確実に合格は見えると思いますし、実のところ国連英検も視野に入れてるのもありそっちの勉強も始めねば。





とは言っても基本の音読から




話すための アメリカ口語表現辞典話すための アメリカ口語表現辞典
(2007/10/25)
市橋 敬三

商品詳細を見る



最新日米口語辞典 増補改訂版最新日米口語辞典 増補改訂版
(1982/01)
不明

商品詳細を見る



GIVE GET 辞典GIVE GET 辞典
(1983/01)
松本 道弘

商品詳細を見る



発信型英語スーパー口語表現発信型英語スーパー口語表現
(2000/11)
植田 一三

商品詳細を見る








本の購入

以下は現在購入を検討している書籍など




やさしいスペイン語文法やさしいスペイン語文法
(2005/02)
大岩 功

商品詳細を見る

スペイン語会話パーフェクトブック (CD book)スペイン語会話パーフェクトブック (CD book)
(2004/08/30)
桜庭 雅子

商品詳細を見る

English Phrasal Verbs in Use Intermediate (Professional English in Use)English Phrasal Verbs in Use Intermediate (Professional English in Use)
(2004/01/08)
Michael McCarthyFelicity O'Dell

商品詳細を見る
English Idioms in Use IntermediateEnglish Idioms in Use Intermediate
(2002/09/26)
Michael McCarthyFelicity O'Dell

商品詳細を見る






アマゾンを巡ってると次々欲しくなってしまいますね。

もちろんあれこれ買いっぱなしというのは一番ダメなのは分かってますが、あちこちの本に同時に手を付ける事は洋書なんかでボキャビルを鍛えるのと同じで、お?これはあっちの本で見た単語だ、お?これは向こうの本で見た表現だ、と記憶定着の相乗効果が期待出来るので決して無駄ではない(これを屁理屈という)。

むしろボキャビル本1冊で単語やイディオムを仕上げるのはかなり無理な話で、パス単1冊のみでその単語全てを極めるのと同じくらい無理な作業になってしまいますらね。

得に後者の英語ボキャビル本は英英使用なので、和書版である程度の関連辞典や書籍(日米口語辞典やスーパー口語表現など)を一通り読んでるだけに知ってる表現が多いかもしれませんが、知識の整理と英語は英語で理解した方が分かりやすいとはよく言う道理、英語で英語イディオムをどう表現されているのか、を学べればなあ。


最近のちょっと無理がある生活習慣を見直して、取り組んでいきたいと思います。

誕生日



昨日、会社にて同僚達より
「誕生日おめでとう!」
とプレゼントを渡されました。



そういえば9/5日は誕生日だった。

時の移り変わりは何て早いんでしょうね。
もうこんな年、来年は何やってんでしょうか。

英語を続けてるのは変わらんでしょうけども、やはり一度だけの人生、何か殻を破って大きい事してみたいと思います。





で、貰った肝心のプレゼントを空けてみたら、
恵比寿、麒麟ビール10本、酒の摘みが大量に出てきました。


おいおいおい・・ってか晩酌セットではないか。
何か俺って急激に年取ったな~
精神年齢なんて中学でストップしてるのに(笑)

気は心なんて言います、ありがたく貰っときましょう。






話変わって。
実は11月に1度、実家へ帰ります(沖縄来てから1度も帰省していない為)

その際、シンガポールにも行ってきます。

旅行とはいえども勉強としてですが。
外国語を紙面上の趣味にしとくのはあまりにも勿体無いですし、コミュニケーションの道具としてなら使って何ぼ、ツアーなんかいらん、ガイドなどいらん、好き勝手に旅行出来るのはありがたや。

前にCNNで「アジアで一番住みやすい国」なんて見たことあるだけに尚更期待高まりますが、行ったら最後戻りたくなくなりそうで怖い(殴)

まあ、身に付けれる事は身に付けて帰ってきたいと思います。




全て気合で何とかなる

9/3~9/5間の学習記録

アメリカ口語辞典~1578P(完)
日米口語辞典~890P
Get Give辞典~95P
使い方辞典~89P
MBA ENGLISH ボキャブラリー~29P
Merriam-Webster Vocabulary Builder~100P
デイリー読売 10紙面
ペーパーバック 50ページほど
Newscast ビデオ15本 ラジオ5本
アメリカンドラマ 4本

すぐに使えるスペイン語会話~57ユニット
基礎単語帳50個ほど



合計学習時間25時間
平均睡眠時間4時間 





気合である。それが全て。




たまにはスペイン語

9/1 学習記録

今日は何かあんまり集中出来なかった。

日頃の無理が祟ってか寝過ごしでしまったり、休みなのに会社から呼び出し食らったり、2度寝したりと(笑)

まあ、こんな日があっても良いか。


















たまには英語から離れて。

最近スペイン語が面白くなってきました。

最初は何がなんだか分からん状態でしたが、簡単な会話文なんかのCDブックを何度も往復してると何となくわかるようになってきますね。
会話なんてまだ相当インプットしないと無理だろうけども。

スペイン語がどんな言語か概要すら掴めていない状態ですが、今のショボイ知識でこれは厄介だな~と思うのが、
1つの動詞が主語によって6パターンに分かれてしまう事。

例えば
スペイン語でirは「行く」という意味ですが、主語が単数か複数か、また3人称かだけでvoy、vas、va、vamos、bais、vanと分かれてしまい、それぞれで使いわけなければなりません、全てが「行く」という意味にも関わらず。
その他ほとんど全ての動詞にこういった感じに分かれるので、初学者にはかなり厄介です。

ついでもう1つ厄介なのがスペイン語には男性名詞、女性名詞という英語には無い概念があります。
なぜにそんなもんが存在するのかまだ分かりませんが、名詞に付く冠詞が男性、女性と分かれてるんですな。

例を挙げると


libroは「本」という意味ですがこれは男性単数名詞です。
男性名詞にはそれ用の冠詞が用意されており、それはel。
ゆえにel libro となります。

逆に女性用の冠詞もあってそれはla。
このlaが付くのは女性単数名詞のみでcasa(家)などがそれです。
ゆえにla casaとなるわけですね。

もっと突っ込むと単数があるなら複数もあります。
男性複数名詞や女性複数名詞にもそれ用の冠詞が用意されていて、それぞれlos、las。

libro(本)の複数系はlibrosに変化しますからそれに見合った冠詞を付ければlos libros。
casaにも同様にlas casas。

こう考えると楽勝のように感じますが、問題なのはその名詞がオスかメスかは全て丸暗記という事でめっちゃ暗記要素マックスです。


スペイン語はあっちいったりこっち行ったり変化しまくる言語というイメージでして、もうこれは慣れ、大量に文に当たるしかないように思う。
そこは英語と同じ。
日本語にしても国語力鍛えるのに読書するのと同じ理屈で、外国語も大量に文を消化した方が身に付くものも付くというもの。

しばらくはCD BOOKからは離れられそうに無いですが、同時になるべくpodcastで取るラジオ番組も聴くようにして、文⇔音声の勉強が中心になるでしょうね。
文だけでは音が分かりませんから結局読めん。


ともわれ基本の学習量が伴わなければ何も出来ませんから、計画的に学習できれば良いなと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。