スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の英検とスペイン語リスニング


さあ、どうしますかね。

何だか先行きよく見えんくなった気がするなぁ。

勉強法が間違ってるとは思わんけども、何かがズレてるんでしょうね。

まあ終わった事はしょうがないとして、しばらく日々の課題はサボらずこなしながら、対策もゆっくり考える。

あと買いっぱなしでほとんどやってない本が結構あったりするので、この機会に一気にやっちまう事にする。























スペイン語リスニング CD付スペイン語リスニング CD付
(2010/04/30)
中島 聡子

商品詳細を見る




今これやってます。

リスニングとは書いてあるけども、会話文が豊富で音読用での利用価値有り。

知らん単語が多いと苦痛に感じる事もあるけでも、初級単語帳を1冊やれば結構読めるようになります。ただし聞こえない(汗)

スペイン語の教本を何冊かやって気付くのは結構スペインの文化的背景についての注釈なんかが多い事ですね。

1日の中でお昼が一番豪勢に食事をし夜ご飯は夜10時過ぎが当たり前とか、昔は流行ったシエスタが今ではどんどん薄れてきているとか、スペインは地方によってはバスク語など文法構成が全く異なる言語も話されており、そのほとんどがスペイン語とのバイリンガルとか、後は定番のバルかな。

こういうのがあるとスペインの知識も身について楽しいですね。旅行に行ってみたくなります。

いずれ遥か遠い未来、原書や映画をスペイン語で見れるようになりたいなぁとは思うのだが、洋書なんて英語でも相当苦戦してるもんで、いつになるのかは謎であります(笑)

スポンサーサイト

西洋人の女性は綺麗です+スペイン語教本レビュー。



FRINGE / フリンジ 〈サード・シーズン〉コンプリート・ボックス [Blu-ray]FRINGE / フリンジ 〈サード・シーズン〉コンプリート・ボックス [Blu-ray]
(2011/11/02)
アナ・トーヴ、ジョシュア・ジャクソン 他

商品詳細を見る






このドラマ。ほんと、久々のヒットです。面白すぎる。。

主演のAnna Torvさん。ほんと綺麗な人ですね。すっごい好みの顔してるんですけど(爆)

20代後半の男の目線から見ると30代の大人の女性がやたら綺麗に見えてしまうのですが、自分だけでしょうかねぇ。

歳を重ねると恋愛主観って変わるとはビックリであります。

もっと10代とか若い頃は日本人以外の女性は絶対有り得ないと思ってましたが、英語やり始めてからは西洋人も全然有りだなぁと考え方変わりました。

というよりは、断然有りだなぁと(蹴)












そんな話は置いとけって話ですか。はいスンマソン。





スペイン語 文法と実践―ゆっくり進み、確かに身につくスペイン語 文法と実践―ゆっくり進み、確かに身につく
(2009/03)
小林 一宏、エレナ ガジェゴ 他

商品詳細を見る



今スペイン語でやってる教本。

題名に文法と書いてあるけども文法書というよりはその説明はかなり少なめ、とにかく例文の数が半端なく多く『音読せえ!!』と言ってるような本です。

構成は短文・ダイアログ・一般文の三段構え。
分量をこなしたい時には非常に役に立ちますが、個人的にマイナスポイントがありますね。

ダイアログ・一般文は付属CDの吹き込みがあるのですが、短文にはそれが無い。
これって初学者にとっては親切では無いな~と思います。

確かにページの大部分を短文が埋め尽くしてる構成だけに、全部を吹き込んでたらCDが1枚じゃ収まりきらないのは分かりますけども、3枚にしてでも吹き込んで欲しかったですね。内容が凄く良い本だけに勿体無いです。

また西文に発音表記が無い上に文法に関してそれ程深い説明も無く、とにかく例文の数で慣れさせるような構成。
最初の文法書として手に取る本で無いのは明らかですね。

直接法の文法次項を有る程度しっかり抑えて、接続法を本格的にやり始めた段階あたりの方が手に取ると結構消化も良いように思う(てか俺だ)w

DELEに向けてちょこちょこ。



IPod(nano)を買った頃に見れてた番組がどんどんオーディオ化しており、実質見れなくなってきてる(番組によっては終了)のはなぜか。

ABCニュースは映像で見れるものはなくオーディオのみ、特にCNNの番組はかつて見れてた番組のほとんどが今では購読不可になっており、Anderson Cooper360も少し前は30~40分番組なのが今では10分前後、Reliable Sorcesも同様で風前の灯火、TIME MagazinesのコラムもやってるFareed ZakariaホストのGPSも「はい、さいなら」と言わんばかりにポッドキャスト終了を告げた(CNNホームページでは見れる)。

NBCは相変わらずフルでほぼ全ての番組が見れる状況なので有り難いのだが、このテレビ局もポッドキャストさいなら宣言を告げたら、もうIPod持ってる意味がなくなるな。

もちろん機種によって見れる見れないはあるのだろうけども、正直向こうのニュースを利用して英語学んでる人間からすると、毎回見てる番組が消えていくというのは中々空しいでは御座いません?

どうにかならんかな~~この流れ。。

















11/3 学習記録


:ビジ英 ヴィニエット 9本
:会話作文英語表現辞典 ~479P
:スマフォ New York Times 記事3本(未知語書き出し芋ビルへ移行)
:TIMEバックナンバー(未知語書き出し芋ビルへ移行)
:1100 Words You Need To Know(芋ビルへ移行)
:英英辞典 芋ビル単語60個(芋ヅルで200個前後)
:Idioms In Use Advanced Unit4転写+復習
:Collocations In Use Unit27転写+復習
:Podcast ビデオ3本 ラジオ3本
:スペイン語 文法と実践 ~50P
:これなら覚えられるスペイン語単語 ~67P
:驚くほど身につくスペイン語 復習


学習時間 16時間














スペイン語の今の目標としては来年暮れに受けるDELE(外国語としてのスペイン語検定試験)の一番易しいA1(入門レベル)に合格する事ですが、「入門レベル」のくせに既に口頭試験(2次)があるので、結構気合入れてやってかないと確実に落とす、と見てます。

今は英語をやる傍ら可能な時間の範囲内で、まとまった量のスペイン語の文量を消化しながら文法の復習をし、単語を覚えてますが、何分依然として文法次項(変化動詞・接続法なんかサッパリ分からんぞ)が分からん事だらけなもので、こんなんでいけんだろうか?と。

まあ今はダメダメでも日々の積み重ね。
これは英語でよく分かってるもんで、試験を受ける頃にはちょっとはマシになってると期待したい(笑)。

意外と長続き

しかし我ながら毎日勉強してるな~と思うスペイン語。


実はスペイン語の勉強自体は去年の初めに始まってる。

ただ、この1年8ヶ月という期間の中で勉強したり、辞めたり、再開したり、また辞めたり、と俺が英語を勉強し始めた当時と同じような現象が起こってた。三日坊主の典型と言う奴でしょうか。


ここ3ヶ月は毎日やってるので、多分このままいけるかと思う。英語もそうだった。


何だかスペースシャトルの打ち上げに似てる。 
最初は腰が重いけども軌道に乗ってくると一気に行く感じ。

スペイン語の勉強も最初は正直さっぱり面白くも何とも無かったのだが、結構読めるようになってくると勢いに乗ってくるので、日々消化する文量も段々増えてくる。
ここまで来ると流れに乗ってきます。


英語をある程度習得した後の第二言語の学習は楽、と聞いた事ありますが、楽というか勉強の要領を分かってるから効率良いんでしょうね。

俺の場合だと、今まで【音読で丸覚え】を英語で実践してきて、結果そのやり方の相性も良かった。
という事でスペイン語でも同じ事を実践してます。


もう少しで基本文法の全項目を一通り終わらせる事が出来るので、後はひたすら消化するダイアログの分量を増やして演習を重ねながら単語強化もする。

というのも最初、単語から入ったのだが、基本文法次項を抑えてなかったので例文が全く読めんかった。

こんな教訓も活かしながら学習は継続するのだなぁ、と。











英語はまたパス単の復習を始める。

今回はパス単に加え、MBAボキャブラリ、1100WORDS、BASIC WORDの4段構え。

もう選りすぐりの単語帳を集めたという感じ(笑)

洋物単語帳は日本の物と違って読解力を鍛える事を意図とした作りの物が多いような気がする。

そのせいかCDが付いてない変わりに、例文も豊富で【読ませる単語帳】といった作りで英検対策には効くのでは。

ほんなこんなで10月英検に備えていくのであります。

辞書買ったからには本気モード

プログレッシブスペイン語辞典プログレッシブスペイン語辞典
(1999/12)
鼓 直、 他

商品詳細を見る






買っちまった、という感じ。

まとまった給料がもらえるのかどうかも分からん今の不安定な生活状況で、結構大きい買い物であります。
色んな意味で決断力がいる(笑)




と言いながら欲しいもんはしょうがないからな~(極論)











何気にスペイン語の勉強は毎日やってます。

もちろん英語が第一なんですが、スペイン語は息抜きになりますし、何だか新鮮ですねぇ。


沖縄でのスペイン語の需要で言うと英語に比べると断然少ない。
人種の数的にはそれなりにいるんでしょうが。

ただスペイン語を勉強しよう的なコミュニティーは結構多いです。
教えてる教室もそれなりにあったりする。

たま~~に求人で「スペイン語分かる方歓迎」とか見かけるけど、大概がサルサクラブか米軍基地、まれにスペインとの取引がある会社なんかが仕事紹介してるのは見た事ある。

前に休日前の夜中にサルサクラブに行った事があった。あのホールの中でだいたい100人はいたんだろうか。
ラテン系アメリカン、インド系、メキシコ系アメリカンなどもう日本の感覚無くなったのを覚えてます。

まあ学校でもきちんと学んだわけでもなく、留学もせず、完全なる趣味・独学として0から始まったのは英語も同じですから、地味に続けてれば今の英語のレベルまではいずれ到達出来るのでは無いかなと思ったり。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。