スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマで学ぶ英語





24 -TWENTY FOUR- シーズン7 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]24 -TWENTY FOUR- シーズン7 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
(2011/07/06)
キーファー・サザーランド

商品詳細を見る









面白いの~このドラマ。

緊迫と裏切りの連続で飽きさせません。

俺もジャック・バウアー並みのタフガイだったら、twenty fourならぬ1日24時間学習に挑戦してみたであろう。






このドラマの英語に関して個人的な☆評価(最高5つとする)でいかせて頂きますと、




会話スピード:☆☆☆☆☆
聞き取りにくさ:☆☆☆☆
単語難易度:☆☆
イディオム・句動詞頻出度:☆☆☆☆
スラング・卑語頻出度:☆☆
英語字幕と音声の不一致度:☆




という感じに見受けられた。


単語自体それほど難しいのが出てこないように思いますが、何より早い。
リエゾンの連発で、これ字幕無しできっちり聞き取れる人って相当スンゴイですね。


俺の場合、レンタルで1本借りて1週間のうちに収録されてる2本のエピソードを交互に繰り返し見ていくのですが、全ての英語字幕スクリプトを100%理解して返却したいんですよね。

英語は【読めなければ聞こえません】から、リスニング力の根底には読解力が潜んでいるというのはよく分かってはいるんですけど。
そんな意味で英語字幕が読める(精読出来る)かどうかで、英語自体の理解も大きく変わるように思われる。




まあ悪いケースで言えば、読めもしない英語字幕を和訳に直して、「今日アメリカンドラマを1本、46分勉強しました」なんて言いたくない(笑)
スポンサーサイト

アメリカンドラマを利用したボキャビルアップとデイリー読売

単語攻略しようと思った時、単語帳にガッツリ食いついてその場で我が物にしてしまう、という欲張りながら一番手っ取り早いといえば手っ取りばやい。俺も肯定派。

しかし、単語帳【しか】やらないといくつかデメリットもある。


:その時は覚えるが同時に忘れやすい
:その単語帳に載っている例文でしか単語の動きを知る事は出来ない(連語や語法の知識増加にも限界がある)。
:回した回数しかその単語に出会えない為、結局は何度も回さないと記憶出来ない。
:昨日やった単語が思い出せない事に対する自己否定が単語暗記から逃げる要因になる。
:シンドイ




シンドイと感じる個人的な感情は抜きに出来るならば、相当単語に強くなるはずなんだがw




という事で俺なりに単語攻略を考えた。




:ボキャビル強化と同時に難易度が高い単語が多数出てくる英字新聞や雑誌を読む。
:難易度が高い単語が登場するアメリカンドラマ(CSI、BONES、PRACTICE、ERなど)を利用する(英語字幕を見る)
:単語帳を何冊かハシゴしながら進める。
:上記全てを同時進行で行う。


何か当たり前なことを単に羅列したに過ぎない気もする。。。




単語を増やすにはあくまで活字で目から取り入れる事が鍵になるように思う。




もちろん相性によるでしょうけども、個人的にアメリカンドラマは使えます。というか相性が良い。
勉強感覚で無いせいもありモチベーションが下がらんのは良いですね(オイ




singed
meatus
cranium
oligarchy
sloppy
atrocities
volatile
fend off
menopause
sodium
revamp
inoculation
jabbed into
vamoose
stone walled
doctorate
squint
dole out


BONES 1話分(約46分間)の中で単語・句動詞を拾ってみた。


いわば1級単語、もしくはそれ以上の単語がうんさか出てくるんですが、何より市販単語帳では中々無いレベルの単語の発音を確認出来るのが最高のメリットかと(しかも俳優の音声という考えようによっては超豪華)

パス単に載ってる単語もあったりするのだが、無いのも多い。
かと言ってウェブスターなどの洋物単語帳には載ってたりする。
植田本とIn Useのマッチ率は結構高かった。


しかもこのレベルの単語になると使い方が中々難しいところを、アメリカンドラマのメリットは視聴者のまさに目の前でネイティブが使用している現場を目撃する事が出来る点でしょう。


英字字幕で挑戦してる人ならばDVD BOXごと何度も回し見出来るはずでして、見る度に「おお、こんな単語がこんな表現に使われてるのか~」と発見の連続で楽しい限り。




結果、アメリカンドラマはストーリーで単語を覚えれる点が印象の残りやすさに繋がるかと。

英字新聞なんかで出会う単語も「あのシーンで出てきた単語だな。」と連想しやすかったりする。

単語帳を進めながら、会話量が多くかつ難易度が高い単語が頻繁に飛び出すドラマなどの英字字幕を消化吸収していくと割と語意力アップに繋がるのではないかな。




















































1年くらい前のデイリー読売を引張り出してまた読んでるんですが、やっぱり読める英文は良い。
日本の事が書かれてるのもあり分かりやすい。

消化吸収出来るレベルの大量インプットというのが大事なんだな~と改めて実感。


TIMEなぞ書く人によっては消化不良ばっかで具合悪くなる事がある。



デイリー読売はまた購読したいとは思うけども、配達しにくるオヤジの態度が気にいらんくて購読したくねえ(英語以外の問題点)

アメリカンドラマを利用した英語学習 その②

今は12月。

クリスマスが近い季節のはずだ。




昨日の沖縄、気温27度。

本日の沖縄、気温24度。









ってか夏かよ!?!??!!?



と思った沖縄県民も多いのではないかな←


久々に汗が滲む日々。
明日から一気に気温急降下するらしいです。

でも沖縄は冬で気温が下がってもせいぜい15~17度くらいで、本島で言うところの春・秋並みといったところ。


しかし海沿いの風が強烈なせいもあり、体感温度は普通に0度(笑)

最初は冬でも常夏と思ってたのにな~(何の根拠も無しに)














今ハマッておりますBONES。

日々2話ペースで見てるんですが、凄く面白い。
1話完結型ドラマなだけロングランが期待出来るかと(しばらく英語教材として使えそうな感じ)

ただ英語が凄く難しい。
全体の英字スクリプトの3割は専門用語で埋められてる。
話の筋を追うのはそう難しくは無いけども、細かい部分まで突き詰めると途端に難しくなる。



アメリカンドラマを見る際、
字幕無し→英字字幕→英字字幕→英字字幕→次のエピソードへ→字幕無し→以後繰り返し

といった感じでDVD BOX(1シーズン)ごと何周も回す感じで見る。

なもので1シーズンだけで3~4ヶ月は遊べるのでコストパフォーマンスも高い。


何度も回し見してると1度、2度では分からなかった話のシナリオ、俳優独自のアメリカンジョークなどの発見、以外な部分にイディオムが潜んでいたり、色々発見があるのも面白い(和訳字幕ではこの楽しみが全く無い)

アメリカンドラマは回して何ぼな感じがするな。
見る回数を増やす度に発見があるせいか、飽きるという現象はそう簡単には訪れない。

リアルな会話に触れ続けるというのもあり、会話の流れ、リズム、連語や決まり文句と言ったものを知る事が出来るので、非常に英会話の勉強になります(相当な回数見なくてはならないけども)



難しいだけに見る回数を増やす必要性が出てくるわけですが、回数を増やしたからって100㌫の理解に達するのも無理な話。

別途ボキャビルをやる必要性をひしひしと感じます。


これが逆に、単語を覚えよう!といったモチベーションに繋がるなら多いに有りではないかな。






しかし難しいなあ、BONES。
手強し。

アメリカンドラマを利用した英語学習

そろそろ何か新しいアメリカンドラマを見たくなってきた。

という事でAmazonであれこれ探してみたのだけれども、個人的にアメリカンドラマを見る上でいくつかルールがあったりする。

なものでその条件全てを埋めるようなアメドラを探すのも大変。



①医療系、法律系など非日常的な専門用語を必要とするドラマはなるべく避ける。
理由は簡単。
個人の教養レベルにもよるだろうけども、単純に英語が難し過ぎるからだ。
前に救急病棟24時という日本のドラマを見たことがあるけども、正直な話あのドラマに出てくる医療用語の半分も理解出来てるか怪しい。
そんな世界のドラマを外国語で見ましょうよ、なんて発想がまずおかしい。
和訳を見れば確かに楽しめるだろうけども、それは英語の勉強では無い。
単なるDVD鑑賞である。
理解出来るレベルの英文を大量にこなしてこそ英語力アップに繋がるのでは無いのかな。
読めない英語を訳が分からず沢山読んだからといって英語力が上がるとは思えん。
英語学習ドラマの定番といわれるフレンズの英語を90㌫以上理解出来ずしてDr Houseの英語を理解出来るとは尚更思えないのだ。



②字幕無しで挑戦し英語の理解度が30㌫、英語字幕の理解度80㌫を下回るドラマはまだ早い。
単純に知識が足りない可能性大。
医療ドラマでERという若き頃のジョージ・クルーニーが出てるドラマを好きで見てるけども、正直見る度に語彙力の無さにガッカリするばかりで、字幕無しでは理解度20㌫かそこら。
大体の話は追えるが、画像を頼りにしているのではアメリカンドラマを利用して英語媒体に触れている意味が無い。
30㌫聞き取れれば大体の話は分かる。
しかし知らない単語は聞き取れない。
知ってる単語ですら教材用音声を遥かに超えているのが洋画。
語と語の音声が繋がったように聞こえるリエゾンと言われる現象が当たり前に飛び交う中で、難易度の高いイディオムや口語表現、難単語を的確に拾うのは至難の業ではないかな。
あくまで自分の手に負えるレベルの英文ダイアログを大量にシャドウイングするなりして、その英語を消化吸収する事に意味がある。



③個人的にツボに嵌るドラマを選ぶ。
実はこれが一番難しい。
飽きたからもう見ない、というのでは無く何度でも見れるドラマを探すのは難しい。
アメリカンドラマはNHKビジネス英会話と同じで英文ダイアログである。
視聴を繰り返す事で英語字幕と音を照らし合せながら理解していく学習過程は共通している。

最近、ゴシップガールというドラマを見た。
つまらんかった。
主演の女優さんが余り綺麗で無かったからだ(殴)
英語の難易度は字幕無しでも丁度良いレベルで勉強素材としてはかなり良い感じだったが、このように主演女優次第で英語学習者のモチベーションを損なう恐れがある(←勝手な偏見)







というわけで適当な個人的な条件がありまして、あれこれ悩んだ挙句これに決定。


BONES-骨は語る- シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]BONES-骨は語る- シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
(2010/05/28)
エミリー・デシャネルデイビッド・ボレアナズ

商品詳細を見る






刑事モノ。
そして科学捜査系。
難易度は高い。
ただ今ならこのドラマの英語字幕なら何とか手に負えると思う。
英検1級レベルかそれ以上の単語が出てくる。
中々手応えを感じる良い教材に。






2年ほど前。
人生初、英語学習用として買ったアメリカンドラマはThe OC。
しかし今だに見てる。
最初は早いし音がどもるしで何が何やら分からんかったのだけども、視聴に視聴を重ねてくると日常生活の中で状況別の口語表現というのはある程度決まっている事に気付く。
このドラマのおかげで基本的な色んな表現を知ったけども、まだまだこれよりも難易度高いドラマが世の中にはある。
何度も見てるとセリフも覚えてしまうもので、実際の英会話でも真似して使ったりした事があるが、ネイティブ受けが良かった。
特にSex And The Cityでは色々な単語を学びました(ここではとてもとても言えんけども笑)


なものでThe OCでようやく英会話を含めた洋画字幕入門編は修了といったところで、そろそろ次のステップが必要なのであります。



英会話を上達するには、まず、生の英会話を知る事から始まるのだ。

ERに謳歌

最近からERという医療ドラマを見てますが、やっぱり面白いです。

というか買ってびっくりジョージ・クルーニーが出てるじゃありませんか!

しかも若!(笑)


オーシャンズ11シリーズやシリアナ、English Journalなんかでよく馴染みのある人だけに(個人的に)、まさかそんなビッグスターがレギュラー出演してるアメリカンドラマで英語の勉強なんてもうタマらんですね。

こりゃなんとしても全シーズン買うことにしましたよ。



で、このドラマの難易度なんですが、普通に難しいと思う。

というよりアメリカンドラマ自体が生の英語という時点で教材のレベルを超越していますから、フレンズはフルハウスですら超級レベルでは無いだろうか。

ファミリードラマでも笑えるツボ・いわば落ち(punch line)がありますが日本人と英国人では言葉に対する文化的発想が違うため、アメリカ人には爆笑受けするのが、自分たち日本人には何が面白いのか分からない、という現象が起こる。
日本のギャグがアメリカ受けするのが難しいのはそういった背景もあるからなんでしょうね。

Sex And The Cityを見てても、ん?今のどういう意味?というのがよくありまして、英英辞書引っ張り出すとその裏に隠されたギャグが分かる、というのがあります。


こういったコメディを本気で笑えるならもう達人なんでしょう。




ちょっと話逸れましたが。
今回のERは医療がテーマなだけに医療用語が多く、辞書引っ張る回数がやたら多いです(笑)

まあ単純に俺の単語力が貧弱というのもありますが、知らん単語に遭遇したらとりあえず紙にメモしておき、後で一気に辞書で調べ上げて自作単語帳に追加。

英和で調べてみて日本語ですらその意味が分からないのであればギブアップですが、現実、どんな難しい医療用語だろうと日本語で言われれば大体分かるもんでして。。

英語学習者として能力比が
日本語>英語
の図式は変わらないにしても、生涯目標とする
日本語=英語
にするのであればどんな単語でも大事にしてかなくてはならんと思う。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。